ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2019年07月31日

大食らいの話

僕はハイパーレクシアです。
読むことは好きですが、同時に。

読まなくてはと、思うこともあります。
と言いますか、思わざるを得ないことがあります。

なので、時折り。
読まないでいられないけど読みたくないのになぁと。

思うこともあるのです。
それでも、やめない──否、やめられないのですが。

極端だなぁと思います。
僕、中学まではディスレクシア気味だったのにと。

あのときまでは活字を読むと、つらくなっていましたね。
そちらのほうがどれだけよかったかと、思うことも
はあります。

食べたくないのに。
お腹がいっぱいなのに、食べなければならないと思い続けて食べると言うのは。

非常に、苦痛ですもの。
……と言うと、拒食症のかたやお医者さんに怒られそうですけども←

ただ、そのおかげか。
拒食症のかたが突如、過食症になる気持ちも。

過食症のかたが、急に拒食症になる気持ちも。
分かる気が、するのでした。

……ポケット六法を最後まで読んでしまったときには。
他のインプットどころか、アウトプットすらにも支障が出たモノです。

それを飲食に──やめた。
気持ちのいい話ではないですね、これ。

さて、僕の逸る気持ちは。
いつ、落ち着くのでしょうか──それがいつ来るのかがすごく、楽しみです。
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月30日

吊るしてみたときの話

生きていると思うときはどんなときか』と訊かれれば。
問題を解いているとき、と答えると思いますが。

『死んでいると思うときはどんなときか』と訊かれれば。
あんまり絞れないかもなぁと思うのです。

心当たりが多すぎるので。
それも、言えない範囲内でのモノばかりでして。

されど、ここでは書けることばかり。
あぁ、ここでは生きている感じがしてきます。

──と、言う風に。
生きたくなくなったら、寧ろ死んでいるときについてはどうかを。

考えることも、ありかと思うのです。
するとまた、生きていると思うときのことを思い出すので。

僕が思った以上に楽観的だからかもしれません。
もしかしたら、あとは見上げるだけだからかもしれません。

それでも、いちおう。
落ち込んでいるときでもやりたいことを思いつくと言うのは。

与えられたモノとしては。
最良のモノのひとつなんだろうなと、思うのでした。
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月29日

イエスオアノーの話

好きか嫌いかを訊く人がいますが。
極端な質問だなぁと思うのです。

好きも嫌いも、色違いなモノでして。
元々は同じだと思いますし。

それに対して。
『好きか嫌いかと言えば××』と言うのは。

無責任な質問だからこそ。
無責任に答えてもよいからこそできる、受け答えなのだろうと。

そう、思うのでした。
……僕なら、こう質問します。

それって。
関心がある?それとも──ない?
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする