ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2019年08月21日

飢え渇く戯言

放浪の旅に。
実際に出るメリットとしまして。

様々な知見を。
自身の力で手に入れることができるとか。

自分探しに。
うってつけだからとか。

諸々、思い浮かぶのですが。
それよりも、大特異点とも言えるモノがあるとするならば。

それは。
自分の時間が手に入ること、かと思うのです。

それも、旅しているときには。
際限なく、です。

そんなのは旅をしなくてもできる、と言うかたには。
もしかしたら、放浪の旅に出る必要はないのかもなぁと思うのです。

自身の時間を際限なく確保できると言うのは。
思いの外、幸せなことですから。

放浪とは独り。
独りを味わうための放浪、と思うので。

独りになれると言うのは。
幸せだと、思うのです。

その状態で、わざわざ。
放浪の旅に出かけることは、ないでしょうし。

──それとも。
誰かとともにいることが幸せなことと、考えていらっしゃるのかもしれませんね。

であるならば、放浪の旅はしないほうがよいことと思います。
満たされている状態の人が、やることではないと思いますから。

──で、なんの話かと言いますと。
宛てもなく旅をしたいなぁと。

僕は、満たされていないのでしょうね。
渇いているのでしょうか。

だからこそ、もっと干涸らびたいのでしょう。
滅びたいから?──逆でしょうね。

最初から満腹で。
そのまま一生をお腹いっぱいで終えるかたがいたとして。

そのかたは。
食べ物を「美味しい」と思うことが、できるでしょうか。

逆にずっと飢えていて、それで終わる人は。
食べ物を「美味しい」と思う機会を、得ることができたと言えるでしょうか。

僕の場合は、いったん空っぽにしたくなるのです。
そのほうが──改めて、もしくは初めて──「美味しい」と、思えるでしょうから。

と、言ってみる。
まぁ、我が儘言い放題の戯言もこんな茹だる日には悪くないでしょう。
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月22日

牽強付会な戯言

哲学カフェに行ってきて。
中の様子を拝見して思ったことが。

僕のいる地方自治体は。
教育に重点を置いている建前のもと、運営されているからか。

哲学カフェにも拘わらず。
どちらかと言うと教育関係のほうに(参加者が)脱線し易い印象を受けまして。

テーマが決まっているのですから。
その通りに流れるべきとは思うのですが。

思うに、この田舎。
我が強い人の集まりなんじゃと。

……僕?
えぇ、我が強いですね……まんぞく?←

なんてのは、置いておきまして。
ただ、テーマすらもねじ曲げ自身の関心しているテーマにこじつけようとしてしまうのは。

あまりよろしくないなぁと。
そう、思ったモノでして。

と言った、僕自身の話も。
もしかしたらこじつけであり──まぁ、一連の話はただの戯言なんですけどね。
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月13日

責任者ぶった戯言

眠りやすくなりました。
おのれDEOCOめ、夢中にさせるてめーのせいだ()

……。
………………僕の使用ミスです、えぇ←

道具を使用するときには常にそうですが。
使用上の注意をよく読まずに使用すると言うことは論外としまして。

道具の性質もろくに知らずして。
それを用いると言うのも、如何なモノかと思うので。

こればかりは。
自己責任、と言うことになるのかなぁと。

──自己責任っと。
響きはいいんですよね、これ。

自らを自分自身で統制できているようで。
気持ちいいったら、ないですね。

これを、自分に対して用いるのであれば。
と言う、話ではありますが。

だって、おかしいじゃないですか。
誰かがやらかしたときに『まぁ自己責任だから』なんて、冷たすぎると言いますか。

それって、誰かのせいにしているか。
誰かのことについて考えることを放棄しているだけなんじゃないかって。

そう、思うので。
まぁ──ただの、世迷言。

……いや。
ただの、戯言なんですけどね←
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする