ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2018年11月26日

落ちた先での戯言

三連休中、頭のいい人としか会話していないので。
職場の人達と会話が成立するか、心配だったのですが。

思えば元から成立していなかったモノですから。
別にいいやと思って接してみると、案外。

なんてことはなく。
相手がキョトンとすることが多くあったことを、お伝えいたします←

……え、想定の範囲内?
デスヨネー

僕もです。
戯言、失礼いたしました←
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月23日

悴む戯言

地元を出るとき。
容赦なく降り注ぐぼた雪を見ながら。

これから南に下るわけだから。
少しは暖かくなるのだろうな、なんて。

思っていたのです。
もちろん、気候帯が大きく異なりますから。

寒さよりも。
指先が乾燥することを考慮しなければならないなぁと。

そう、思ったのですが。
ここで、はたと気付いたわけです。

僕は、遠出するとき。
地元よりも暖かいところに、出向きがちです。

確かに、僕の地元は辺境に位置しますし。
友達と多く会えるのは、間違いなく南下したほう、ではありますが。

いちおう、北海道の稚内に住んでいるわけではないので。
北上しようと思えば、いくらでもできるのになぁと。

……もう、冬ですから。
この時期に亜寒帯に突入するなんて自殺行為では、あるのですが。

少しは、北上したいなと。
そう、思うのでした。

……なんて。
南の友達と会っているときにこんな更新をするなんて──あぁ、贅沢な戯言。
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月26日

吸血鬼もどきの戯言

最近、気付いたことがあるとすれば。
日中よりも、睡眠導入剤を服用して1時間経過したときの深夜のほうが。

僕の思考が正常に働いてくれる、と。
そう言うこと、でしょうか。

僕としては、盛大にツッコミたいところです。
日中に仕事している人がそれでいいのか、と。

別に、周囲が日中に仕事をしているのに合わせているだけで。
僕自身が日中にいちばん頭を働かせなければならない道理には、ならないのですけども。

深夜、睡眠導入剤を飲んだ状態と言うハンデがありながら。
日中よりも薬の効いている深夜のほうが頭が働くと言うのは……如何に。

僕自身、もともと超夜型ですし。
視聴覚が過敏なので、太陽なんてずっと沈んでてほしいくらいなのですが。

だからと言って、今から極北に?
凍え死ぬわ、と。

と言いつつ、特に悩んでいないわけですけども。
僕はいちど、みんなの前で太陽の前に出て発火するところを見せたほうがいいのだろうか←←←
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする