ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2015年03月14日

徳のない投資で得はしない

僕が利己主義者だと言うことは、もうご存知かと思いますが。
タイトルのような座右の銘は、いつも肝に銘じております。

利益の追求は、悪いことではないんですけども。
それは必ず、徳のある行為での利益の追求ではなくてはならないです。

そうでなくては、得することはないです。
なんでなのかはーー簡単なことで。

功利主義の観点に立ったときに。
精神的見返りと、経済的見返りを鑑みてーー釣り合いが採れるかどうかを、考えてみてほしいんです。

徳のない利益は、大抵の場合。
周囲は、よく思っていないです。

自分自身が潤っていても、周囲が不満足で。
短期的にはよくても、長期的に見たときにはーー周囲が敵に、なっています。

さてと。
昨日のブログ記事と重複するんですけども。

周囲が敵になってしまっているときに、誰に味方になっていただきますか?
遠い存在か、どこの誰でもない誰かーーですよね。

それって、リスクの塊ですし。
藁をも縋る思いーーでしょうけども。

徳のない利益を獲っている人がーー果たして、新たな人種を味方に付けられるでしょうか?
答えは、『ノー』です。

結果、徳のない投資をする人は。
得せず、損をし続ける生活を余儀なくされるーーと言う、ことですね。

ーー今回のカテゴリは『お悩みコーナー』ですから。
もしも利益を追求することを望みたいーーと言う相談であれば、僕はこう応えます。

最終的に、理解者が納得する利益を追求しましょう。
そうじゃなければ、全てをなくすことになりますからーーと。

僕は、そう思いますね。
皆さんはーーあなたは、どう考えますか?


posted by バロック at 15:41 | Comment(0) | お悩みコーナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月05日

行動不能

色んな場面で、訊かれることがありました。
どうしたら、あなたみたいに行動できますかーーと。

僕にとっては、これが当然だったりして。
寧ろ、僕よりも行動力のあるかたを知っているのでーー僕に訊くのはあらかた間違いな気がしつつ。

一応、答えるんですけども。
自分のできる範囲で動いてみましょうって。

意外と、していないかたが多いです。
自分の行動範囲をも、意識できていないかたって。

自分には、これだけの能力があって。
これだけ、努力ができてーーと言うステータスを知ることは、悪いことではないように思います。

それと、ポイントとしては。
それを限界と、捉えないことですね。

限界って、自分で決めるモノですから。
他人が引いたその線は、ただの物差しに過ぎないですから。

それに納得して線引きしてしまったら。
本当にそれ以上のモノが、分からなくなってしまうんです。

ーーもちろん、未知の世界に突入することは。
困難を窮めますーー僕自身、つい最近ーー経験、してますから。

ただ、こうも言えます。
僕は行動していなければーーそんな失敗はしなかったし、逆にその先も見えなかったって。

井の中の蛙大海を知る、ですね。
まぁこの後にーーされど空の青さを知るーーとは来るのですが、一旦置きます←

行動したからこそ、逆境に立たされて。
そしてそれゆえに、試練を乗り越える権利を得られるんです。

ーー僕はクリスチャンではないですけども。
神は乗り越えられない試練を与えないーーと言う新約聖書の一節は、大好きだったりします。

その通りだと、思っています。
同じように、仏教では『人生の9割は苦しいこと』なんて言われていますけどもーー結局のところ。

無神教だろうが有神教だろうが、考え方は。
そこら辺ーー通じているんですよね、やっぱり。

ーー宗教を悪く言うのは、間違っています。
無神論者だって、れっきとした宗教じゃないですかーーゆえに。

僕は、のめり込まない程度に。
宗教を知るーーと言うことを、いいことだと思っています。

ごちゃ混ぜにすることは、いけないですけども。
きちんとしたスタンスを持った方が宗教を学ぶのであればーー悪くないと、思いますよ。

宗教学と倫理学は、大学に行ったら単位を採るべきですね。
周囲のステレオタイプやバイアスに折れずに、自分を保つにはーーこれくらいは、していいと思います。

高卒や中卒のかたでも。
倫理の科目は、学んだ方がいいと僕はーー思っています。

話をしてたら、大体分かります。
その人に倫理があるか否かってーー常識があるか否かよりも、ハッキリと分かります。

ゆえに、僕は思うわけです。
行動をしたいならーーポジティブな思考、ポジティブな言葉を使うべきだーーと。

ーー繋がった、でしょうか(苦笑)。
話の論旨を思い出して、無理矢理戻したんですけども←

まぁーーでもやっぱり。
これは、譲れない自論です。

僕みたいに皆さんは、ならないこと。
僕を反面教師のようにして、是非とも皆さんのーーあなたの、歴史とすること。

ーーそんな感じ、ですね。
また、『お悩みコーナー』を更新できたらいいなーーと、思っています♪
posted by バロック at 21:37 | Comment(0) | お悩みコーナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月18日

贅沢な悩み

色々と、吉報が流れ込んでいる昨今。
僕の担当じゃない教え子からーー担当している教え子、まで。

僕の教え子も、併願先の私立に合格していたりします。
本当であれば併願ゆえに通過点扱いなのですがーーちょいとだけ、考えることがありまして。

その子自身は、併願校を受かったことでーー非常に、精神状態がよくなったんですけども。
一方で、公立の出願先を間違えたーーようなことを、思っているようで。

んー……まぁ、それもそうかと思います。
併願先のほうが、公立の出願先よりも偏差値が高いのですから。

ゆえに、教え子曰く。
併願先に進学しようかなーーとのこと、です。

悪い話ではないなーーとは、思いますし。
本人の決断であるならば、問題でもないわけなんですけども。

教え子が、心からそう思っていないことは明らかなんですよね。
その子自身は、私立がどれだけ割高かを知っていますから。

ーーその子の中学、中高一貫校で。
しかも、私立だったんですよ。

親御さんの経済的負担が大きかったことを。
教え子は、知っていますからーー私立に進学することを、本心からいいと思うわけがないんですよ。

とは言っても、出願先の公立は。
併願先の学校よりも質が劣るーーと言うこと、でして。

その教え子は、併願校に合格したことで確実に、表情が明るくなりました。
ですがーー僕には、こんなことを言っています。

こうなるんだったら公立の出願先、変えないほうがよかったな。
ーーと。

贅沢な悩みだと思いますよ。
進学先が内定している時点で、この後悔と悩みは本当にーー羨望と嫉妬の対象になると、言えます。

ですが、それを教え子には。
解決する自由と、責務があるのは、確かですね。

併願先に進むか、公立に進むか。
ーーだからあれほど、『第1志望に合格するだけの力が君にはあるよ』って、言ってきたんですけども。

まぁ、僕の主観は置いておいて。
教え子がこの、贅沢な悩みをどうやって解消していくかーーそこもじっくりと、見ていきたいと思います。

とは言いつつ、やることは。
味わうか、呑み込むかーーなんですけども←

どちらを選択するんでしょうねぇーーその子は。
んー、取り敢えず。

他の教え子もとにかく、志望校に合格ーーするだけの努力のーー手助けを、しましょうか。
今回のブログ記事は、以上です♪
posted by バロック at 15:55 | Comment(0) | お悩みコーナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。