ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2018年01月08日

書店について

丸善ないしジュンク堂のような大型書店が好きです。
近くを通ったら、ほぼ確実に入ってしまいます。

新刊は何かあるかとか。
シンパシーを感じる書物はあるかとか。

逆に、関係がないとスルーしがちなモノがないかとか。
いつも敬遠してしまっているジャンルは何かとか。

様々な、僕の認知の癖や。
思考の偏り、そして嗜好の傾向が見えてくるので。

自らを内省するのに、非常に適している気がするのです。
こう言った、大きな本屋さんって。

相手が人であれば。
僕に対する好感度や話す内容によって、フィードバックが偏ることがあるので。

こう言った、物質のようで有機的なモノに評価してもらうと言うのは。
僕にとって、必要なことだと思っているのですよ。

……え、初対面の人であればフィードバックが偏らないのでは?
相手の人生経験や背景によって評価が分かれてしまうので、僕はアテにしないです←

……専攻が認知心理学と言う基礎心理学の権化のようなモノなのにこう言うのは、おかしいでしょうか。
ほら、向き合って折り合いが付いて寧ろ適度な距離感が分かって実践していたら他の人から見ておかしいってことがあるじゃないですか(早口言葉

まぁ、それは置いておいて。
とにかく、僕は本屋さんでそう言った自らを適正にフィードバックしつつ、自らを内省するようにしているのですよ。

全て、自らにフィードバックさせて。
僕自身を精確に知るために、試行錯誤を繰り返すのですよ。

それに、あの大型書店ってすごいのですよ。
電子書籍なんかは定価よりも大抵は安いですし、ポイントも大量に付いたりしますし、大幅値下げしたりもするのです。

僕はそれで、引き落として好きな書物を取り寄せていますし。
お得なんですよね、本当に。

……え、それが図星でしょ?
………………ぎくっ
posted by バロック at 00:00 | Comment(0) | 興味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月22日

地元にいると思うこと

地元にいると、ディスカウントショップにしかなく。
かつ、期間によって売り切れが続いたりするモノが、ありまして。

僕にとってみれば、死活問題なことが多々あります。
食休みするのが日常だと、いざ出向いた際に売ってないと……うん。

その日、全てが上手くいかなかったかのような錯覚に陥りまして。
かなり、気負うのですが。

そんな僕は。
ドクターペッパーが、大好きだったりします←



……え、美味しいのかって?
好みが分かれますよね、これ。

僕はかなり、好きですよ。
まぁ、薬だと思ってますけども←

夏場は、自転車で通勤するので。
喉が渇いていて、且つ何も食べていないと−−飲みたくなります。

……え、ビールみたいだって?
いや、風味は真反対ですけどね←

甘くて、フルーツフレーバーをふんだんに詰め込んで。
青年の妄想を掻き立たせようとでも言うのかと、炭酸が弾けて。

それに伴い。
『二度と飲みたくない』と言う人と、ハマる人で分かれると言う←

何度も言いますが。
僕は、好きですよ(と言うか、嫌いなモノなんて紹介しないし)←

と、言うわけでして。
また、貼っておきますね←



……あ、取っ付きにくい場合には。
一缶だけと言うのもアリですが−−送料がかからなければ、いいなぁ……なんて。

それもいちおう、貼っておきますね←



……え、なんでこれだけペットボトルかって?
いや、何となくです←

そんなわけでして。
近いうち、商品紹介用のカテゴリを、作っておきますね〜

……こんなときに、ドクペが効くのだが……なぜ地元にないのだ……東京には普通に、あるのに……!!
posted by バロック at 02:32 | Comment(0) | 興味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月17日

失ってはいけないモノ

失ってはいけないモノって、たくさんあるように思います。
人によって、定義も代物も区々だと思いますがーー敢えて僕がひとつ、挙げるならば。

興味を失くしたら、ダメだと思っています。
何事もーーそうですね。

学問や学術だけではありません。
人に対してをも、それを失ってはいけないと思っています。

ーー【興味】と言う言葉が、しっくりと来ないのであれば。
【情熱】と言う言葉でも、いいでしょう。

僕の場合、興味の対象ーーないしーー情熱を傾けるモノが多いんですよね。
Facebookを更新する際に、興味のあるモノを片っ端から《いいね》していったら。

次から次に、思い浮かんでしまって。
キリがなくて、ちょいと困ってしまったーーと言ったことが、つい最近ありました。

ーー興味を持たないようにするって、僕にとっては至難です。
僕から【好奇心】を抜き取ったら、有機体しか残らないですよ←

んー、まぁそれは置いておいてもいいや。
話の論旨は、そこにないですから←

えっと。
皆さんは、燃え尽き症候群をご存知ですか?

『ルーン使い言の葉』では、何度か登場している用語ですけども。
簡単に言えば、頑張っていたことが終わった際のセンチメンタル感のことです。

ーー僕にも、あったりします。
と言いますか、しょっちゅうです←

今では、回避することは不可能と思っておりますから。
そのための対策として、満期後の予定や目標設定をしたりしますーーで、話を戻すんですけども。

燃え尽き症候群。
これは厄介なモノでーー親御さんであれば、『空の巣症候群』とも言えるモノです。

育てるべき者がなくなった際に、空の巣症候群にならない親は。
それはーー子どもに愛着のない親だったと言うことです。

ゆえに、健康的な親であれば。
空の巣症候群には、陥るモノですがーー今は一例で取り上げただけなので、置いておきます。

今回の、ブログ記事のタイトルは。
『失ってはいけないモノ』です。

これは、興味対象を失ってはいけないーーと言う意味では決して、ありません。
寧ろ、そう誤解しないでいただきたいーーと、叫びたいくらいです。

興味対象は、失ってもいいんです。
僕が主張するモノはーー『興味を持つ心』です。

それを失うと、不感になります。
打っても響かないですし、誰の声も届かなくなります。

そんなのは、死人と変わらないじゃないですか。
百歩譲ってーー仏になるのはーー晩年以降で、いいんじゃないでしょうか。

まだ生きていられるうちであれば、いくらでも興味を持つ心と。
向上心は、抱くべきです。

ーー確かに、安らかに永眠する人は讃えられます。
ですがーー生きている人が死んだような表情をしていたら、向けられる感情は《侮蔑》です。

皆さんにはーーあなたには。
そのように、なってほしくない。

そう、僕は思っていますよ。
こうして『ルーン使いの言の葉』に足を運んでいただけてるのはーー光栄ですもん、僕にとっては。

なんて。
いや、本気で思っているんですけども。

ーー僕も、あなたに引けを取らないくらいに頑張りますよ。
お互いに頑張っていける関係になれたら最高だなーーと思うのは、僕だけでしょうか。

さてと。
僕はもっと、前へ進みますーーやるべきことを、やるだけです。
posted by バロック at 16:24 | Comment(0) | 興味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする