ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2019年11月02日

また始めた話

ひと通りの筆記試験を終えたので。
心置きなく小説を読み始めているわけですが。

やはり、毎日のように読んでいるときよりも。
早く正確に読めているような気がしてなりません。

収穫逓減の法則と言うのは。
間違いないことと考えて、よいのかも。

なので、勉強時間にムラがあるとか。
根を詰めて作業に没頭したいとか。

それも、程々がよいと言うことが。
実体験をし続けることで、より痛感する今日この頃
なのでした。

……そんな自分を痛め付けて楽しいのかって?
──えっと、次に行きますね←

と、言うわけでして。
時たま、価格チャートを眺めることをすっぽかすことも。

し始めています。
やっぱりずっと眺めているほうが勘が養われていいのですが。

これも程々でして。
段々と目先の利益に囚われがちになってくる自分の焦りが、ヒシヒシと感じてくるようでよくないなぁと。

なので。
少し、休息を入れるのでした。

やっぱり、月月火水木金金と言うのはよろしくないですね。
農耕民族だったとしても、少しは緩急入れなくては。

それとも昔の人は。
もっと、ホーリータイムの入れ方が上手かったのかなぁ……と、思いつつ。

まぁ、休み休みのほうがいいんでしょうね。
頑張りすぎも、よろしくないと。

……小説を試験期間も読んでなかったのかって?
読んでましたよ、いちおう。

……それは再開と言うのかって?
……まぁ、気持ちの問題ですよ。知らんけど←
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月01日

ようかんの話

容積のざっくりとしたどんぶり勘定が苦手です。
器にこれだけ入るかな、と言うのがどうも上手くいかず←

同居人に、おでんの汁をどれだけ入れるかと言われ。
「1杯半くらいかな」と答えたところ。

それだと溢れるよ、なんて。
言われてしまったり←

冷やご飯をタッパーに寄せようと言うときに。
えらく小さなモノを持ってきたので。

「それだと入らないんじゃない?」とドヤってみたら。
ちょうどよく入ってしまって同居人に『どやぁ』とされてしまったり。

あ、僕ってこう言うの苦手なんだなと。
思ったわけですわ、すわすわ←

線だったり点だったり。
円だったりで考えると、割かし上手くいくのですが。

それが、立体となると。
僕の直感はひどく充てにならないのですよ。

なので、僕にそう言ったことを頼まないようにお願いします。
依頼したモノに依りますが、最悪死にます←

……え、引き受けなきゃいいだろって?
そうですね、次からそうしますね←

……。
………………フラグじゃないもん、たぶんっ!
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月29日

冷たい思考の話

僕にとって、計算とは。
無関心ゆえに可能な代物と言えます。

関心があれば、気が散るので。
計算にならないのです。

考慮に入れるモノが多くなりすぎる、と言うことでもありますし。
計量可能なモノとして認識できなくなる、と言うことでもあります。

例を挙げると。
最近、アオリイカを調達したんですよね。

……なんの話かって?
計算の話ですよ?←

……えっと。
そのアオリイカ、すっごく新鮮で。

美味しくってですね。
ただ、捌く前は──生きてたんですよ。

……え、そりゃ捌く前はなんだって生きてるって?
いや、家の俎の上に置かれた状態でもまだ生きていたってことですよ。

そのとき、僕は。
捌きたくないなぁって思ったんです。

吸盤に触れると、くっつくんです。
耳の部分に触れると、鮮やかに光るのです。

それを捌くのかぁ、と。
もったいないなぁと、思ってしまいまして。

……え、可哀想じゃないのかって?
同居人にはそう説明しましたが、実際には異なります。

可哀想なのではなく。
もったいないのです──ずっと、眺めていたかった。

捌かずに、ずっと。
生が途絶える瞬間を──こちらが手を下すことなく──眺めていたかったのです。

僕が殺すには惜しいと思ったのです。
それほど──綺麗、でしたから。

……ただ、いったん捌いてしまうと。
サクサク進んで結局、10分後には胃袋の中なのです。

つまりは、そう言うことです。
捌いてしまえば綺麗だったモノで──あの綺麗なモノは、過去のモノになるわけですから。

あとは、容赦なく。
掻っ捌けると言うモノなのです。

それに、計算は似ていると思います。
冷たい思考にて運用されるべきです──そこに私情は必要ありません。

そして、解いてしまえばもう。
その存在すら残らないように──それはさながら流星の如く──消えるのが望ましいのです。

──なので無関心は。
言い過ぎ、でしたかね。

水のように淡い関心くらいは。
あると言っていいかもですね──胃の中に入れたらもう気が済むくらいに、です。

と、言う話をしつつも。
オチは特にないので突如この話を終えようと思います←←←
タグ:計算 感情 思考
posted by バロック at 20:01 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする