ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2020年06月03日

にわかな話

東方ファンなのかって?
いや、完全にわかですよ。

原作をプレーしたことがありませんし。
たぶんあの系統のゲーム、僕が操作方面で苦手とするモノだと思いますし。

プレー動画を見ているのは好きですし。
音楽も好きですが。

キャラクターに目を向けたのは。
東方ロストワードが、初めてなんじゃないかなと。

しかも、上記アプリゲーについては。
無課金で終えようとしているのですから──ファンであることすら公言するのは烏滸がましいと。

好きですが。
熱狂するほどではない、と言うスタンスです。

これからハマるのか、と言われれば。
既にハマってるわ──ただし二次創作ですが、と。

これから沼にハマる予定があるか、と言われれば。
そもそもハマる予定で沼に入る人なんているんだろうか、ともおもいますし。

さて、どうなることやら。
99人の壁に出場するとしても一番のモノがこれと言ってないタイプの僕ですからね。

今回も、望み薄いかなぁと。
──あぁ、でも。

僕をハメられるモノならハメてみろ。
こんなスタンスではこれからも、常にありますよ〜……あはは←
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月02日

ウダウダとしてみる話

ついこの間まで。
衣替えなんて必要ないなぁと思っていたのですが。

暑さも寒さも突然にやってくるんですよね、最近。
令和ちゃん何やってんの←

と、思いつつ。
衣替えですか。

個人的に、この「衣替え」と言う言葉。
かなり美味しそうに感じるんですが、如何でしょうか。

甘辛のソースに絡められた。
鼈甲状の食べ物が過りますねぇ。

何を言っているか分からないですか?
すみません僕もよく分かっていません←

あぁ、暑い。
10年ほど前、当時の友人と。

暑さをなんとかするならば。
地球をクーラーボックスに入れればいいとか。

常に扇風機をかけていればいい、とか。
IQ2の会話を繰り広げたことがありまして。

相手から『現実を見ましょうよ……』と掌返しされその会話を終えたなぁと。
書いているうちに思い出しました。

いやぁ、あの子とは何度かオフ会に参加したなぁと。
あと、僕が地元に帰るときにわざわざ空港まで連れ回してしまったなぁと←

ぼんやりと、思い出しましたとさ。
あぁ、暑いですー

暑さも寒さも感じない状態が5年ほど続いていたので。
嬉しいような──余計なことしやがって、と言いますか。

まぁ、いいことなんでしょうね。
触覚だけはなくならないでほしいなぁって、日頃から思っていますから。

人の痛みの分からない人には。
えぇ、できるだけ──ならないようにしたい、ですもの。
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月01日

回路を弄る話

僕の10代からの持論で。
この世を生きていくにあたり。

ヘーゲルとニーチェとサルトルの思想があれば。
なんとか生き延びられるんじゃないか、と。

そんなモノがありまして。
特にニーチェの実存主義哲学については。

今でも、必要なモノと思う次第です。
と言うか、逆境ほど必要になると思いますよ。

あの、生の哲学と言われたショーペンハウエルに影響されたのも肯けます。
挫折が起ころうとも何度やらかそうとも例え生きて死んでまた生まれたときに同じことが起ころうとも。

また生き長らえてやると言う。
そんな、強靭な狂人の思想と言うのは。

やっぱり、必要であると。
思わざるを得ないのですよ。

──ただし。
僕は別に彼の思想を鵜呑みにしているわけではないのです。

永劫回帰の思想については。
概ね認めてはいるのですが。

別に、そこで甘ったれてもいいですし。
挫折したまま乗り越えることをせずそこに墓標を刻んで留まり朽ちてもいいような気もしているのですよ。

始まりから終わりまで、高尚である必要はなく。
同時に、最初から最後まで低俗である謂れもないなぁと、思うので。

それでも、僕は。
永劫回帰の考え方は好きですし、そうでありたいとも思うんですけどね。

僕は僕。
あなたはあなた、と言うことですよ。

……んー、みんな。
自由に生きてもいいと、思うんですけどね。

なんの話かって言うと。
んー……自分で考えましょう、あはは←
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする