ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2020年01月16日

状態変化についての話

とあるアニメの登場人物には。
「自ら沸騰していると思い込んでいるお湯が嫌い」と言うような台詞があったなぁと。

ふと、思い出したのですが。
本当にコレだなぁと。

全て自分でなんとかしてきたと思う人がいますが。
実際にはそんな人なんて、稀ですし。

台詞上の比喩表現に相当する『お湯』が。
『大成した人』と同値だった場合。

「水」が勝手に『お湯』にならないのと同様に。
「人」が勝手に『大成した人』にはならないモノなので。

少なからず、人に感謝することを忘れないと言うことは。
自ら沸騰していると思い込んでいるお湯≠ノならないためにも。

重要なことなのでは、と。
思うわけ……なのですが。

ただこれ、欠点がある台詞でもあるなぁと。
同時にそう、思うのです。

人からどう思われようと只管どうでもいいわ。
……と言う人には効かない、と言うことですね。

と言いつつも、そんな人についてであれば。
考えておく余地すら不要ではあるのかなとも思うのです。

まぁ、それこそ言葉通り。
論外、と言うことなのでしょうから。
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月15日

きみ悪い話

勝手に人の感情を決め付けられることが。
不快で不快で堪らないと言う話をしましょう。

しかもこれは。
ネガティブな感情についての言及ではなくとも。

幸せそう、と言うような。
ポジティブな感情についての言及でも。

同様に、当て嵌まるので。
大抵、僕に話しかける機会の多いかたにとっては。

踏むべくして踏む地雷、と。
言えないこともないのかなと。

だって、この地雷については。
わざわざ、申し上げませんし。

なんでかって。
言う必要がないと、思っているからです。

その人が甘噛みをしているか。
肉を喰らっているかの区別が付かないようなかたである、なんて。

僕が見縊りたくないから。
僕からは、今後も言わないつもりなのです。

分かるかたは、分かりますし。
踏むべくしてある筈の地雷を、ずっと踏まずにいてくれる人もいるのですから。

なおさら、言う必要はあるまいなと。
思うのでした。

……さて。
カフェインを摂らない生活を続けていたら。

普段の睡眠の質がよくなった、のはいいものの。
日常的に眠くなってしまったので。

解禁をするようになりました。
ただ、飲むときは1杯だけにしてっと。

それと、眠る8時間前を〆切にして、と。
じゃないと、睡眠の質に響く気がしまして。

これで、様子を見ようかなと。
いや、カフェイン飲料が好きなのでもっと飲みたいのですがねっ!←
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月14日

どうしろとと言う話

具体的な表現にすると。
即物的な表現になってしまい。

身も蓋もない表現と化すので。
抽象を無理に具体的にしないことにしています。

変換が上手くいかない、と言いますか。
もともと無理なことをしている、と言うことに等しいなと。

暗号を復号に。
復号を暗号に。

なんてことを、しているようなモノなのですが。
それで「分かりにくい」とか「もっと分かりやすく」と言われると。

そうっすか、と。
アプリをインストールしてやり直しやがれ、と思うのでした。

……因みに、「アプリをインストール」と言う比喩表現についても。
分からない人には、分からないらしく。

いや、ギリギリ30代だとしてもです。
世代だと思うのですが──分からない人には、分からないようなので。

そんな人にも。
こう、思うのです。

さいで。
アプリをインストールするアプリをインストールしてやり直しやがれ、と←

──と、言いますか。
アプリをインストールする、なんて充分、具体的では。

それとも、より直球で言わないといけないのでしょうか。
えっとー……ググれカス?←

あとは、んー
勉強しなさい?←

僕にしてみれば。
勉強≠ニ言う言葉もなかなかに、抽象的だと思うのですが。

それで分かるなら。
分かったフリをしているか、分かっていないのに分かったと思い込んでいるかの何れかではないだろうか……と。

思い始めた辺りで。
長くなりそうだなぁと悟った僕は唐突に文章を切るのでしたぶちっ!
タグ:復号 暗号
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする