ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2020年08月08日

鎮魂する話

いらっしゃいませ。
特に見せるモノもないですが。

ゆっくりしていってくださいな。
僕もこの通り、ゆっくりしておりますゆえ。

そんな気分なんですよ。
落ち着くのは生きていないとできませんし。

もちろん、燥ぐのもそうなのですが。
連続性があるからこそ、気性を荒くも凪ぐこともできるわけでして。

そして今日に限っては、
凪いでいたい気分ですので。

たまには、いいですよね。
生きていないとできないことなのですから。

それにしても、不思議なモノです。
縁を感じる前まではただのそこにあるモノでしかなかったのに。

縁を感じると。
急に何者かになってしまうのですから。

彼らが僕の前に現れなければこうはならなかった。
なんて言うのは、簡単ですし勝手ですが。

僕が意識にしろ無意識にしろ。
路傍の石以外の何者か、と言う区分に入れてしまったことは間違いないわけでして。

つまり、これは。
僕のけじめを付けるための儀式なのですよ。

──いえ、哀しいんですかねこれって。
たぶん、そうでしょうね。

あとは少しだけ、怒りが。
他にも倫理的にどうかと言うような感情が幾つか沸々と。

痛いですね。
えぇ、それは確かです。間違いありません。

なので僕は、動きたくないのでーす。
特に見せるモノもないのでこの寝そべった僕を観るといいんじゃないでしょうか。

……なに言ってるんだって?
なんでしょうね、うん。

これもひとつの喪の作業ですよ。
本当に──残念でした。

覚えておきます。
確かにそんな人がいたんだ、と言うことを。
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月06日

自分がPCだと信じて疑わない話

外に出ると。
毎度同じ話をするかたがいて。

昔は、それを許容できなかったのですが。
最近では、許容できるようになってきました。

僕がPCであり。
彼らがNPCに過ぎないと言うだけだなと、当然のことに気付いたので。

自分の価値観を相手に求めていたのかもしれませんね。
それがストレスだと──思う自分がストレッサーであるだけだと言うのにです。

なので、最近は。
同じ話をされると、こう思うのです。

──これは用意されたイベントだな、と。
じゃあ、消化しないとな──と。

だって僕。
RPGでは全て踏破しないと気が済まない人なのですから。

そのほうが、自然ですもの。
あっはっは←
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月05日

結果と教訓を述べる話

え、試験はどうだったんだって?
合格してましたよ、余裕でした。

試験中、時間がかなり余りましたし。
見直しも何度もしていたので。

落ちるなんてマークミスでもない限りあり得ないだろう。
……と、思っていたので。

とは言いつつも。
まさか、全問正解しているとは思わなんだでしたが←

初めての経験ですね。
資格試験の類で全問正解したのは。

確かに、今は無き語彙・読解力検定で。
フルスコアを獲ったこと自体はあるものの。

あれは全て正解しなくても。
その等級で求めているモノ以上を獲るとそれより上のスコアで出なかったですし。

なので、今回が初めてなんですよね。
正真正銘、全問正解は。

とは言いつつも。
嬉しいなぁとは、あまり思っていなくて。

こんなモノだろ、と言うところでした。
んー、難易度の問題でしょうかね。

それとも、僕自身が。
資格取得は目指すモノではなく、取るべくして取るモノだと思っているからでしょうか。

そこに至る過程に不備がなければ。
結果は自明だろうからな、と。

そう、思っているからこそかもしれません。
満点も、獲るべくして獲ったんだろうなと。

今までの試験勉強の集中度合いを思い返すと。
そうとしか思えないしなぁと。

……え、落ちてたら?
それも同じく『そんなモノだろ』と思うと思いますよ。

蓋然性もあります。
だって僕、今まで色んな試験を受けてきましたが。

そのぶん、色々とやらかしてきましたから。
そのときに思っていたのです──不足していたんだからそんなモノだろ──と。

どちらにせよ。
今回の成果は、当然だったなと思うのです。

次も、当然のように成果を得られるよう。
やるべきことを、やるだけです。

……そのために。
なんか自分にご褒美を用意しないとですねー……えへへ、どうしようかなぁ←

posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする