ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2020年08月05日

結果と教訓を述べる話

え、試験はどうだったんだって?
合格してましたよ、余裕でした。

試験中、時間がかなり余りましたし。
見直しも何度もしていたので。

落ちるなんてマークミスでもない限りあり得ないだろう。
……と、思っていたので。

とは言いつつも。
まさか、全問正解しているとは思わなんだでしたが←

初めての経験ですね。
資格試験の類で全問正解したのは。

確かに、今は無き語彙・読解力検定で。
フルスコアを獲ったこと自体はあるものの。

あれは全て正解しなくても。
その等級で求めているモノ以上を獲るとそれより上のスコアで出なかったですし。

なので、今回が初めてなんですよね。
正真正銘、全問正解は。

とは言いつつも。
嬉しいなぁとは、あまり思っていなくて。

こんなモノだろ、と言うところでした。
んー、難易度の問題でしょうかね。

それとも、僕自身が。
資格取得は目指すモノではなく、取るべくして取るモノだと思っているからでしょうか。

そこに至る過程に不備がなければ。
結果は自明だろうからな、と。

そう、思っているからこそかもしれません。
満点も、獲るべくして獲ったんだろうなと。

今までの試験勉強の集中度合いを思い返すと。
そうとしか思えないしなぁと。

……え、落ちてたら?
それも同じく『そんなモノだろ』と思うと思いますよ。

蓋然性もあります。
だって僕、今まで色んな試験を受けてきましたが。

そのぶん、色々とやらかしてきましたから。
そのときに思っていたのです──不足していたんだからそんなモノだろ──と。

どちらにせよ。
今回の成果は、当然だったなと思うのです。

次も、当然のように成果を得られるよう。
やるべきことを、やるだけです。

……そのために。
なんか自分にご褒美を用意しないとですねー……えへへ、どうしようかなぁ←

posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: