ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2020年04月17日

脳内日帰り旅行記

だんだんと活動的になってきた気がします。
暖かくなってきたからでしょうか。

不要不急の用事で出掛けるなんて愚行は犯さないまでも。
部屋の中でずっと、頭を働かせる日々が続いています。

それも、自分にとって有意義で。
他の人にとっては恐らく無意義なことで。

でも、誰かのことについては。
その誰かが対処するべきで。

僕が介入するなんて烏滸がましいわけですから。
僕がやることと言えば、やはり。

僕のことについて考え、動く。
これに尽きるんですよねぇ。

誰かのための行動とは、綺麗なモノだと思います。
そこに主体が存在すると知ったら、興醒めし扱き下ろす人達の歪んだ審美眼にさえ、晒されなければ。

ほっとけと、思いますけどね。
偶像を実際に存在する人に求めるのは、如何なモノかと。

──周囲が汚ければその人が際立つのは、間違いないですが。
別にゴミ山で咲く一輪の花にならなくても、いいような気がするのですよ。

そこで咲きたいと言うことであれば。
それでいい、ですけどね。

……と、路傍を眺めているときに思いましたとさ。
みんな、もっと自由であればいいよ。
タグ:メモ帳
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | メモ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: