ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2020年04月02日

よーぞーごっこ

『恥の多い生涯を送ってきました』
とは、『人間失格』「第一の手記」の冒頭にあった文章かと思うのですが。

思うに、そんなのは程度の差はあれど。
誰もが経験するモノであり。

これについて、恥とするか罪とするか。
将又、喜びとするかは。

その人次第なんじゃないのかなぁと。
思うのですよ。

酸いも甘いも経験し。
それでは、もう一度。

そう思えるよう動くのが。
人生ってモノなんじゃないですかね。

……え、僕?
主人公の葉蔵ほぼそのままなので上のようなことを思うことがないですが何か?←
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 黒事実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: