ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2020年03月25日

奇行師の話

遠出をした先でのことを。
少し、お伝えしようかと。

とは言いましても。
僕の奇行についてのこと、なのですが。

……そんなのは普段から、ちらほらやっているんですよ。
僕の場合は。

ただ、書く必要のないことを。
書いてもしゃーないですもの。

僕にとってみても奇怪な行動であれば。
この立ち上げ当初の目的から鑑みても、書く価値があるのですが……つまり。

何か言いたいかと言いますと。
今回のは、とびきり書きたくなるような。

自分でも奇怪な行動だったので書きたいと、言うことなのです。
どうしてこうしたと、自分で思うモノばかりなので。

ぜひ、お楽しみにしないでください←
いや、そんなモノほど周囲から見て普通なんてよくあることですしおすし←

さてと。
そのいちー

友人の猫と戯れようと、スーパーボールを用いるも。
その跳ね返りに興奮し燥ぐ──僕←

猫は2頭いましたけども。
僕よりもその2頭のほうが物静かだったような。

なんか、飛び跳ねているのを見ていると。
どうにも、黙っていられなくてですね。

跳ね返らせたスーパーボールを。
自分でも捕まえようと、してしまったんですよね。

友人、笑ってました。
まぁボケ役の僕としましては寧ろご褒美にしかならない反応だったのですが←

そして。
そのにー

炬燵の近くで夜を明かすも。
上で眠っていた友人が下りて来次第、その場に潜ってかくれんぼを始める←

……そう言えば、友人って2人いまして。
「どこ行った?」とか「出かけたんじゃない?」とか言っている様を。

炬燵と毛布の隙間から眺めて。
にまにましていると言う……精神年齢低いでしょ、僕←

これでもアラサーなんですよ、アラサー
こんなアラサーでも生きていられるのですから。

皆さんには──あなたには。
ぜひ、自信を持っていただきたいのですよっ!……え、話がすり替わってる?ナンノハナシッスカ←

と、言うところですね。
自分でも、どうしてこんなことをしたのか分からないモノばかりなのですが。

実は、ですね。
えっと。

……まだ、あるんですよね。
どうしましょうか、これ。

……。
………………洗い浚い吐きますね、えぇまた明日のお楽しみでよろしくです←
posted by バロック at 20:30 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: