ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2020年02月29日

思考を推敲する話

逸脱せぬよう。
道徳や倫理を積極的に学びつつ。

特定の誰かの意志をねじ曲げてまで。
道徳や倫理を貫き通すかと言われれば。

そうではないんだなぁと。
再認識できる機会がありまして。

そのことについて、ぼんやりと。
考えることが多くなりました。

僕にとって何が善く何が悪かで考えると。
どうにも、普遍的な道徳や倫理とかけ離れる事例が多いなぁと。

特に、個々の尊厳に基づくと、尚更です。
普遍的な道徳や倫理に悖るかどうかなんて、と。

僕自身が納得するかしないかに他ならない、と。
思うわけでして。

──であれば。
なぜ、今もぼんやり考えているのかなぁと言えば。

これに、明確な答えなどないからでしょう。
僕が僕自身をよく、知らないのと同様に。

ただただ、僕の中では。
これが今のところ、最適な解答であることは間違いなく。

時間が遡行できるモノではないと仮定すると。
どれだけ後になって決定的に間違えていたことに気付いたとしても。

これ以上の解答は、あり得ないんだよなぁと。
なので、これはこれで納得できる──筈なんだけどなぁと。

まだ、猶予はありますし。
自己内省の一環として、暫し考え続けることにしましょう。
posted by バロック at 20:17 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: