ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2020年02月23日

各々のメーターについての話

──よく考えてる、と。
僕を評するかたが、割りかし。

昔から、いるのですが。
僕はそれ自体を訊くと、どうしても。

半ば──きょとん、と。
してしまうのです。

僕にとって、これが普通のことで。
普段からこれくらい考えていることが、僕にとっては平常なので。

寧ろ、それだけ考えないモノなのだろうかと。
思ってきたのです。

それは、忘却しているだけでは。
実際には考えてきたのだけども闇に葬っているだけでは、と。

とは言いつつ。
周囲から見れば、僕は考えているように見られるとのことで。

たまに、こんなことも言われます。
あなたの考えていないは他の人の考えているだから、とか←

いや、それはなかろうと。
ゼロポイントはあくまでゼロポイントだぞ、と←

それとも、僕の計器が鈍感なだけなんでしょうか。
ひとメモリに対しての数量が大きすぎる、とか。

それはそれで。
『なんじゃ大味だと馬鹿にしてんのか』と、思わなくもないですが←

……なんて、妄想も含め。
こんなことを延々と考えている人なんてあまりいないと言うことも分かってきているので。

たまには認めてやろうとも思うのです。
ありがとうございます──あなたのメーター、振り切れてしまったらごめんなさいね←
posted by バロック at 19:44 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: