ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2020年02月20日

冗長な話

以前ほど。
あれが好き、これが好き、とは。

言わなくなった気がします。
じゃあ関心がなくなったのか、と言えば。

そうではないわけでして。
あと、嫌いにもなっていないのですよ。

じゃあ、なぜ。
好きだと言わなくなったかと言えば。

僕の中で。
言うべきこととそうじゃないこと、その分別が。

付くようになった、とでも言いましょうか。
なので、無闇矢鱈言うこともなくなったのでしょうね。

……。
………………いや、少し違うんですけどね←

実際には。
言っても仕方がないと思うようになったのですよ。

誰かと好き嫌いを共有することについて。
そんなことをしても仕方がないよなぁと、思うようになりまして。

それを積極的に行うなんて。
最終的には疲れ果てるだけだと、分かったのです。

なので、それほど。
喧伝することもなくなってきた次第です。

──別に、こちらから。
言う必要も、書く必要もないなと。

僕自身、把握していますから。
『あれが好きで、これが好き』であることを。

あの手のモノを見つけたときに刹那、火花が散るように。
稲妻に打たれたようになる感覚が、すごく好きなので。

ただ、そのときに。
「あー火花だ」とか「あー打たれたぁ」とか言わずとも。

その感覚については。
自分だけが分かっていればいいじゃないかと。

思うように、なってきたモノですから。
それで、言わなくなった──と。

それに、分かる人には分かることですし。
言葉の端々に──なのに、話し続けると言うのもまぁ。

野暮ったい、ですもんね。
……この文面だけではなんのことやら?そうですか──ブログ記事、最初から読んでみます?←←←
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: