ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2020年01月23日

乗り越える必要のない壁についての話

乗り越えられぬ壁はない、と言われますが。
別にこれは、越える必要がないなら越えなくてもいいのだろうと。

……なんて話をしてしまうと。
『キノの旅シリーズ』を執筆されている時雨沢恵一先生のパクりだと言われてしまいそうですが。

そう言う話ではないのです。
なので、鬼滅のパクりにもカゲプロのパクりにもならないことを、祈るばかりです←

さて、と。
壁って、恐らく試練だと思うのですが。

個々人によって、壁は異なりますし。
別に、乗り越える必要がないのであれば。

乗り越える必要はないんだよなぁと。
あと、乗り越えるなんて比喩だと思うので。

別に、乗り越えかたは。
文字通りでなくても、いいと思うのです。

それは、本当に乗り越えるべき壁でしょうかと。
立ち向かうことだけが、乗り越えることなのでしょうかと。

乗り越えられないことを望んではいないでしょうか。
このまま楽になれたらいいのにと、希ってはいないでしょうか。

であれば、そこから離れてもいいように思うのです。
だってそこで大地に還る必要なんて──ないのですから。
posted by バロック at 20:18 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: