ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2020年01月22日

銀行についての話

地元の銀行と。
ネット銀行があったら。

どちらが大事か、と言われると。
用途にも依りつつ、「後者」と答えるのですが。

とても簡単なことで。
手数料が安く、人と会話することもないので。

その、お手軽感がいいなと。
思うのでした。

とは言いつつも。
安全安心≠ネんて言葉が詭弁なように。

あんなに便利な銀行が……!
と言うこともあり得ますので。

そのときは、預金を分配すべく。
サブの銀行として、地元の銀行なのかなと。

まぁ、預金の際にある程度は。
元本保証もされますし。

リスクヘッジについては。
しっかり行っていきたいですしおすし←

──あぁ、ところで。
地元の銀行があまり得意じゃない理由が他にあって。

窓口によって、対応が違うことがあるのですよ。
あと、マニュアル人間が多い。

しかも、そのマニュアルが共通認識ではないので。
個々のルールに、客が合わせなくてはならなくなると。

それなら、自分で規約──共通認識──を理解して。
自己責任のもと運用するわ、となってくるので。

資産運用の話が出ても。
「別にいいです」になるんですよね。

手数料、お高いんでしょう?──と。
ネット銀行のほうが断然安いですから。

と、言うわけで。
重きを置くのはネット銀行なわけですが。

今のご時世、地元の銀行に重きを置く人って。
デジタルデバイドなだけなんでは、と思うのですが。

割と、ネット銀行の口座を持っていないと言う人が周囲にいるので。
振り込みとかどうしているんだろう、なんて思うのでした。

送料、かかってるのかなぁと。
それとも、預入と引出しかしないんだろうか、と。

……と、余計な心配を始めたところで。
今回の記事は、この辺で〆るといたしましょう。
posted by バロック at 19:19 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: