ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2020年01月18日

観たことについての思い出話

昨年は4本。
映画館で映画を観たんですね。

僕のような引き籠りにしてみれば。
けっこう、出向いたほうですね。

それほど、観たい映画が多かったと言うこと。
では、あるのですが。

僕を動かすだけの魅力ある映画なんて。
よっぽどだったんだなぁと。

そう、思いつつ。
ちょいと、振り返ってみましょう。

1つ目、『劇場版 幼女戦記』
アニメを冷やかし程度に観てみたら夢中で観ざるを得なくなった作品ですね。

作者のカルロ・ゼン先生がいい性格していると思います。
とは言いつつも、原作は読んだことないわけですが。

かろうじて、悠木碧さんの誤字から始まった『幼魚戦記』については。
読んだのですが……僕って毎度、こんな導入の仕方をするんですよね、ぐすんっ←

2つ目は、『ヴァイオレット・エヴァーガーデン外伝──永遠と自動手記人形』
これは、当たりだと思いました。

アニメをやっぱり冷やかし程度に観ていたら。
夢中になってしまって。

映画も観たと言うクチです。
こちらは原作も追って読んだのですが……キャラから何からかなり違って、驚いた記憶が。

僕は、原作のほうが好きかもしれません。
アニメももちろん、いい作品ではありますが←

……え、幼女戦記?
別に差別ではないですよ、んんん?←

3つ目、『ジョーカー』
言わずと知れた名作、以上←←←

……え、主演が逮捕?
ナニソレおいしいのさすがジョーカー()

……こほんっ、そして4つ目は。
『すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ
』でした←

……え、落差が激しい?
ところがどっこい、他の映画と引けを取りませんでしたよ←

ぜひ、老若男女問わず観てほしいなと。
因みに僕は最後、泣きました←

……なんて。
今年はどんな映画に、出会えるんでしょうねー

経済的にもゆとりが出るでしょうし。
……たぶん、きっと、おそらく、あぁそうなってほしいああならなきゃちょっとふぁっk
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: