ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2020年01月14日

どうしろとと言う話

具体的な表現にすると。
即物的な表現になってしまい。

身も蓋もない表現と化すので。
抽象を無理に具体的にしないことにしています。

変換が上手くいかない、と言いますか。
もともと無理なことをしている、と言うことに等しいなと。

暗号を復号に。
復号を暗号に。

なんてことを、しているようなモノなのですが。
それで「分かりにくい」とか「もっと分かりやすく」と言われると。

そうっすか、と。
アプリをインストールしてやり直しやがれ、と思うのでした。

……因みに、「アプリをインストール」と言う比喩表現についても。
分からない人には、分からないらしく。

いや、ギリギリ30代だとしてもです。
世代だと思うのですが──分からない人には、分からないようなので。

そんな人にも。
こう、思うのです。

さいで。
アプリをインストールするアプリをインストールしてやり直しやがれ、と←

──と、言いますか。
アプリをインストールする、なんて充分、具体的では。

それとも、より直球で言わないといけないのでしょうか。
えっとー……ググれカス?←

あとは、んー
勉強しなさい?←

僕にしてみれば。
勉強≠ニ言う言葉もなかなかに、抽象的だと思うのですが。

それで分かるなら。
分かったフリをしているか、分かっていないのに分かったと思い込んでいるかの何れかではないだろうか……と。

思い始めた辺りで。
長くなりそうだなぁと悟った僕は唐突に文章を切るのでしたぶちっ!
タグ:復号 暗号
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: