ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2019年12月24日

職業病についての話

僕に職業病と言えるモノって。
なんかあっただろうか、と考えると。

特にないような気がします。
以前の僕と、変わらないよなぁと。

前職が塾講師であることを言うと。
聞いたほうは『そんな感じがする!』なんて言いますが。

僕はそれに対し。
「どうだか」なんて思うのでした←

……人の記憶って、改竄されやすいので。
さっきまで思ってもみなかったことなのに、相手が強い印象を与えることで『前から思っていた』なんて錯覚する、なんてことは。

ざらに、あるモノですから。
認定心理士の資格要件を旧基準()で満たしていた僕にとっては、そうとしか思えないのです。

その証拠に。
「どうしてそんな感じがするんですか?」なんて訊くと。

『雰囲気!態度!』なんてくるのです。
これには「ほいきた、定型句」としか()

そんなのは。
塾講師になる前から、言われてましたからねぇ。

と、思うくらいに捻くれてしまったのは。
もしかしたら、表裏を使い分けなくてはならない職業に従事していた名残かもしれませんので。

これにつきましては。
職業病なのかなぁと……え、都合がいい?

それは昔もそうだろって?
……えぇ、そうですがナニカ(どやぁ)←
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: