ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2019年12月23日

滅多打ちにした話

ある朝。
職場で教育方針の話になりまして。

『やれと言わずにやらせることが難しい』と言う話を訊いたので。
「僕は自分の受け持っていた生徒にやれ≠ニ言ったことないですね」と返して迎え撃ったのですが。

その後、「勉強しようとしているときにやれ≠ニ言われたら萎えるタイプだったので」と追い撃ちし。
「絶対に言わないと決めてました。仕向けはしましたが」とトドメを刺したのでした。

強制でやらせたところで。
いいこと、ないですし。

それでやらせている本人が。
何か自発的にやっていないのでは話にならないなと。

そう、思ったモノですから。
少し、本音が漏れちゃいました←

環境をアカデミックなモノにして引き締めるとか。
興味が出た瞬間に取り組める機会を設けるとか。

やり始めたら賺さず褒めるとか。
色々とやり方があると思うのですよ。

メリットの感じないモノをやらせてもなぁ。
なんて思う、今日この頃です。
タグ:本音 方針 教育
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: