ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2019年11月18日

アロハさんの話

無能の証明をし始めるとき。
それを反証することは不可能に近いので。

僕の場合には。
放っておくことに、しています。

……と言うと。
語弊がありますが、概ねそうですね。

相手が無能の証明に飽きることを促しつつ。
ずーっと、放っておきます。

ただ、無駄なことを証明したいだけかもしれませんし。
自分自身を追い詰めたところで、何にもならないと言うことに気付いてくれればと。

思いますので。
……気付かなかった場合?──それでも、放っておきます。

その人の問題は。
その人が、なんとかするべきことなので。

僕自身が、安息を促すことをしても。
安息そのものになることは、できないですから。

そのまま、放置です。
『助けない。君が勝手に助かるだけさ』ですよ←
posted by バロック at 20:04 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: