ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2019年11月11日

ジャムおじさんの手記

頭が働いているときに。
言葉が出にくいときがある、と言う知人がいまして。

僕の場合には。
頭の働いていないときにも起こるのでどちらでもないなと。

そんなことを、思っていたのですが。
実際には頭が働きすぎてアウトプットができていなかったのかなぁと。

そう、思い始めてきたので。
本日はそれを、したためておきます。

──詰まるんですよね。
もしくは、過集中になっていると言いますか。

何か取り出そうにも。
何を取り出せばいいのか分からなくなっているような感じです。

まるで、大量の砂糖を振りかけたイチゴをぐつぐつと煮えたぎらせたことで。
砂糖かイチゴを取り出そうとしても困難なことと、同様に。

もしかしたら知人の場合には。
異なるのかも、しれないのですが。

僕の場合には。
そんなイメージで差し支えはなさそうだと、思うのでした。

……あぁ、コンピュータの無限ループのようなモノでしょうか。
堂々巡りをしてしまっている、ような。

僕の頭の中では。
このようなことが混沌として、起こっているような気がします。

……脳みそについては原型を留めていますよ?
比喩ですからね?──と、言いましても。

脳の形や性質を習ったから。
原型を留めていると、見做せるわけですが。

本当に僕の脳みそについては原型を留めているのか否かについては。
謎ですね……と思って頭を振ってみたのですが。

頭の片方につられて動くとか。
回ってみたら外に引っ張られるってことがないので、それはなさそうだなぁと←

……気体の場合?
それは盲点でした……え、スカスカピーマン?←

そ、それはないと思いたいですね。
それはそれで、重心を取りにくいのでは……最初からそうだからバランスを採れてる?えええ←

……。
………………もう、考えないことにします()
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | メモ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: