ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2019年10月30日

やばたにえん

昼下がり。
いつものようにサボらずせっせと……仕事をしすぎてやることをなくした僕は。

数学を解いたり。
届いてもいないメールボックスをチェックしたりと。

上司に向かって『帰っていいっすか?』と訊きたい気持ちを堪えながら。
時間を消化していたのですが。

急に、お腹が空いたときには。
どうしようかと、思いましたよ。

糖分が枯渇しているのか、と。
数学めっちゃ頑張ったからなぁ、否、仕事してたしなぁ、と←

乾パンを食べました。
その1分後にはまたお腹がぐぅっと。

また食べました。
今度は10分ほど持ちましたがやっぱりぐぅーっと。

困ったなぁ、と思ってそれから数分経って。
眩暈がするほどの空腹が、襲ってきました!

すぐさま乾パンを掴み取り。
口の中に放り投げ、咀嚼します。

ばりっぐしゃっぐしゃっ
がりがりがりがりがりっ

……されど、眩暈も空腹も治りません。
なんてこった、なんてこったと思いました。

僕はこのまま死んでしまうわけがないじゃないか安心しろ、と思いつつも。
ひやひやしているフリをして、考えます。

よし。
離席して乾パンを全て平らげようではないか、と←

こうして無事に僕は。
倒れることを免れたのでした。

めでたしめでたし。
特にオチは期待していませんね、ご安心ください。オチなんてありませんから、おやすみなさい←
タグ:空腹 黒事実
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 黒事実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: