ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2019年10月04日

取り続ける話

何が何でも責任を取るべきである。
とは、思いつつも。

それは責任を取ることが好きだからではなく。
責任を取らないことが嫌いだから、です。

責任が伴うのであれば。
それは取るべきですし。

責任が伴うにも拘らず。
取らないなんて、人非人の所業でしょう。

なんて。
思って、いますから。

なので、早いうちに。
責任を取ることをデフォルトにすることが、必要なのでしょう。

──社会人たるもの?
人、たるもの。

責任の発生しないことなんて、あり得るのでしょうか。
であれば体験、してみたいモノなのですよ。

たぶんそれは、責任が発生していないのではなくて。
全員が同じ分、責任を取っているだけじゃないのかなぁとは思うのです。

上記の仲の人を求めるのであれば。
『みんな仲良く』とか『みんなそうだ』とか言うような台詞についても寛容になるのだろうか、と思うのですが。

それは嫌だなぁ。
と、思いますゆえ。

これからも、責任を取り続ける人生を。
歩み続けることとしようと、決めるのでした。
タグ:責任
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: