ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2019年09月07日

この場に於いて連コイン自由の原則の話

試験を受験することにしました。
鋭気も満ちてきましたし、また挑戦しようと。

……またかって?
チャンスがあるなら、そりゃあ。

今まで受けてきた試験については練習でした。
……なんて、口が裂けても言えませんが。

乱射して受験しているわけではなく。
きちんと必要箇所を狙撃している自覚自体は、ありますゆえ。

なので、性懲りもせず。
受験しようと、思ったのでした。

結局のところ。
落ちるときには何かが足りずに落ちているわけですし。

受かるときには。
全てに於いて一先ず及第点を採れた、と言うことなので。

今回も、及第点を目指そうと思っています。
まぁ──採点基準が明確なときと、伏せられているときがあって。

僕の最近受けている試験が後者なモノでして。
それについては場数がまだまだ足りていないので。

最初は、何度もやらかすんだろうなと。
されど、そろそろ──流石に及第点を越えないと。

それはそれで。
ただの間抜けだとも、思いますので。

機会があるうちは。
いくらでも挑戦していくことにしましょう。

そのうち、全くなくなるかもしれませんし。
挑戦していくうちにそれを続けることがコンティニューコインを生み出すいちばんの方法だと──体感できると、思うので。
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: