ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2019年09月01日

アニミズム思考を巡らす話

9月になると。
僕は少し憂いてくるのです。

秋が生まれてきて。
夏が死んでいきます、から。

もともと、アニミズム思考の強い僕にとって。
この感覚は、どうにも拭い去れないなぁと思いつつ。

たぶん、この暑さも名残のようなモノで。
どんどん涼しくなっていったかと思いきや。

ぐっと、寒くなるのだろうと。
予め、想像できてしまうモノですから。

年老いた夏が、朽ちたのち。
また来年、新たに生まれてくれればいいなぁと。

思ったり。
思わなかったり、するのですよ。

……いや、無風で蒸し暑い日はもうこりごりですので。
少しは微風が吹いてからっとした暑さの夏を希望しはしますが←

ただ、あの理不尽な暑さとも。
当分おさらばだと考えると。

名残惜しいなぁと。
……全く思わねぇわ、おとといきやがれ、うん←
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: