ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2019年06月30日

気分転換に出向いたときの話

地元に綺麗な図書館があるので。
気分転換に出向いたのですが。

国際色豊かな地区だからか。
日本語の蔵書のほうが少なかったのを覚えています。

僕自身は、日本語の縦書きの作品を好んで読む傾向にあるので。
英語の本は、気が向いたときにごくたまに読む程度なのですが。

流石に、蔵書の殆どが英書だと。
読もうと言う気になり易いので。

さっくりと手に取って、立ち読みをしつつ。
想像力が足りなくて元に戻したりもしちゃいました()

……日本の本だと、こんなことないのですが。
やっぱり母国語じゃないと厳しいんですよねぇ……言語間距離もありますし、えぇ←

……あぁ、なので。
専攻が近いと読み易いと思うモノでして。

それについては。
長く読み続けられていました。

学生用の心理学の辞書とか。
イラストもあってイメージも補完し易かったですし。

あとは、コカインの本。
もともと依存性や中毒性の高い麻薬や薬物に興味があったモノで←

ただ、コカインの歴史の箇所をのんべんだらりと読んでいたら。
読了するのに4時間ほどかかりそうで、こりゃあかんと思ったので←

泣く泣く、途中で本棚に戻しました。
すると他にもカフェインやヘロインの本があることに気付いてしまいまして……あー

メシウマすぎ。
僕にとって超得すぎです、これ……なに、吸えと?←

と、言うわけで。
捕まることになる前に、またここに来て続きを読もうと決めたのでした。

環境がいいですし。
空気も美味しかったですし。

──カフェテリアの料理も、コストパフォーマンスがよかったですね。
大盛りのカツ丼とサラダを付けて500円しなかったですし。

また行きまーす。
次は別のおかずを頼もうっと。
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: