ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2019年06月24日

息切れとともに変わる景色の中での話

昨日まで、『この日はこれを書いてやろう』と。
思っていたことが、その日になったら。

『何書きたかったんだっけ』とか。
『こんなの書こうと思ってたのか』とか。

思うようになりました。
成長が早いのか、ボケるのが早いのか←

身を以て、アンチエイジングの不毛さを感じます。
耐えるのも止めるのも絶えるのも間違いですわ、コレ←

と、言いつつ。
10年以上前ならできなかったことをできるようになっている自分もいまして。

久々に歌を歌っていたときに顕著だったのですが。
当時は厳しいロングトーンを、あっさりと歌ってしまったり←

あれ、こんなに短かったっけ?
と思いましたが、事実短かったんでしょうね。

そして、今まで歌えていたキィが上手く出なくなっていました。
おぉおおぉおおおおおお(慟哭

……と、言うわけで。
生きると言うのは、一長一短であり。

真摯に受け止めることである。
なんて、悟るしかないのでした……とほほ←
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: