ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2019年06月07日

ワーキングメモリの話

計算能力には自信のあるほうですが。
空間把握能力には欠陥がある気がします。

Aの対称地点にはBがあり。
Cの対称地点にはDがある。

みたいな。
そんな簡単なことであれば、把握できるのですが。

それが、正十二面体構造だとか。
正二十面体構造だとかになってくると、少々面倒になるのです。

図形を回転させれば何と一致するかを選ぶ、程度ならいいとして。
それらを皆、組み立てたらどんな立体になるか答えるとなると。

自分の乏しい想像力では難しいなぁと、思うモノですから。
紙を用いたく、なるのでした。

余白を、目一杯用いて。
あー……全て脳内でそれを完結できる人って頭がいいなぁって、思わざるを得ないのです……ハイ←
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: