ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2019年05月13日

欠陥品の話

昨年の今頃に。
現職への鬱憤を何か吐き出していただろうかと。

思い浮かべてみると。
何となく、思い出したことがありまして。

それを書こうかなと。
記憶整理の、一環で。

まず。
システムだけがホワイトだと、思ったような。

帰ろうと思えば定時で帰ることができますが。
人間関係が拗れ易いと、思ったのでした。

融通の利かない人達だと思いましたし。
人の言うことを理解できない人だなぁと。

いい意味でも悪い意味でも。
言うことよりもやることのほうを証拠と認識する人だなぁと。

じゃあ、今はと言いますと。
職場環境は改善傾向にあり、システムだけがホワイト……と言うのは言い過ぎかぁ、くらいになったなぁと。

ただ、構うことはやめられないと言うことを鑑みるに。
神経を逆撫でしている自覚はないのだなぁと思うのでした──言ったら終わり案件なので、彼らには言いませんけども←

と言うよりも。
その職場を選んでいる僕の責任でしょう、これらは。

ちょいと、現実逃避をしたかったので。
書いただけなのです。

そもそも。
社会に出た目的が『社会に殺されるため』と言う人が『もっと上手く殺してくれ』と言うのもおかしなモノですから。

……え、なのでちょっと困ってますよ。
社会は思った以上に甘ったるくて、ここではなかなか死ねないって分かりましたから。

そんな、片務的なモノをアテにするのも変ですし。
社会に出た目的を──その方向性を──修正しなくては、ですし。

なので。
自我同一性が拡散する前に。

自分の立ち位置を、再確認して。
方向性を定めないとなと、思うのでした。

……野垂死には、すべてやり尽くしてからで。
いいですから。
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: