ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2019年05月02日

勢いの話

僕の子どもっぽさなんて今に始まったことではない。
……え、なんの話かって?

んー……成り行き?
意味がわからない?

ごめん、僕も。
その意味がわからない……あー

なんだこれ、ぐだぐだ。
仕切り直しますか←

僕の子どもっぽさなんて。
今に始まったことではないのです。

それは、当然のことでして。
何を隠そう、もともと子どもだったわけですから。

いきなり成体のまま出てくるなんて。
母体はタダでは済まないでしょうし。

……え、外で育てばいい?
『わたし、たぶん3体目だと思うから』って言わないですよ?←

……あぁ、飽きました。
僕、飽きたから話進めてもいいっすか?

……もう、お分りですね?
これで子どもっぽくないなんて誰も言えまいっ!

もう、いつの間にか精神年齢が上がらなくなっていたのですよ!
なんでっ!?大学生くらいまで40歳前後に見られていたのに!

寧ろ、精神年齢が若返ってません?
社会人になってから年相応ないし大学生くらいに見られるんですけどっ!

意味分かんねぇよ!
ロリババアいっ直線か僕はぁっ……なんて、性別ガン無視で取り乱してみましたが。

もう、仕方がないですね。
そう見られると言うのは、もう事実として認識するしか。

なので。
せっかくなので。

この、身体年齢相当に見られない呪いを。
ひたすら、楽しんでいこうかなと思うのです。

だって、それはそれで。
面白そう、なんですもの。

そして、きっと。
こう言う姿勢が、周囲から子どもっぽく見られる原因かもなぁと、思ったり思わなかったり。

……え、精神年齢が上がらないことが悩みだったんじゃないかって?
どうでもよくなりました。解決。以上←←←
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: