ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2019年04月13日

計算クラスタが沼に嵌った話

仕事について。
上司とは今までとは比べ物にならないほど上手くやれているので。

特に物申すこともないのですが。
時折、休憩しようと数学の問題を解こうとしたところで。

あ、(本名)さーん、と。
呼び出される連続でありまして。

計算クラスタの僕にとっては。
休憩時間に計算できないと言うのは少々耐えられない……と、言うわけで。

最近は、通退勤の合間に。
読書ではなく、問題を解くことにしたのでした。

とは言いつつも。
満員の電車やバスの中で筆記するのも面倒ですし。

揺れると集中できないので。
じゃあと、別のことをすることにしまして。

それが。
Ninimaths≠ニ言う暗算アプリの問題をひたすら解く、と言うことでして。

このアプリ、計算トレーニングとしては。
かなり良質かと思います──課金する要素もないですし。

問題数は、10問〜100問まで選択可能で。
四則演算は自由に選択できる上、桁数も自由に選択できるので。

その日のコンディションによって。
難易度を設定することができます。

解けば解くほど、経験値が積み重なりますし。
どれほどその日に計算したかを記録に残すこともできます。

別の人にも計算させたいけれども。
経験値に反映させたくない、という方には──ゲストモードにすることで、反映しないようにすることができます。

ぜひ、お試しあれ。
あまりの良アプリなので、部外者なのに宣伝してみました←

……あ、いちおう。
課金することもいちおうできます──製作者にコーヒーやラーメンを奢りたくなったときは、そのタブをポチってみてください〜以上←
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: