ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2019年03月02日

灯火の話

本日、最後の面接を終えました。
最善は尽くしました。

例え全落ちでも、悔いはないです。
これ以上はないくらい、行動したので。

……受かっていたほうが。
いいに決まっては、いますけども。

周囲の優秀な人材を確保したことで。
僕を落とすことになってしまうとしても。

それは、致し方ないことですし。
どちらかと言うと僕──えへへ。

そう言った運はないわけですが←
ねぇよ、そんなん()

……うん、ないです。
こう言うとき、自身のアクの強さを呪いたくなりますが……んー

捨てる神あれば拾う神あり、と言いますか。
僕のアクの強さを欲しがる人もいるみたいなので。

──と言いましても。
採用側は神ではないので、この慣用句は所詮慣用句か、なんて思いつつ。

一先ず。
僕の闘いは一旦、幕を下ろすことにはなりそうです。

期待はしないです。
自ずと結果は、表れるでしょうから。

僕の期待に関係なく。
向こうから、やってくるでしょうし。

もしくは。
僕が勝手に、向かっていたからこそ──面接まで、漕ぎ着けたとも。

僕は、利己主義者ですから。
相手のために行動したことはありませんし、自分のために行動してはいますけども。

それでも、誰かが僕に施したことを。
アダで返すなんてことは、したくないのですよ。

恩を返せる人材に。
僕がなれているかどうかを考えると……どう、なんでしょうね。

もう充分だよ、とか言われても。
僕には実感が湧かないんですよねー……僕自身が強欲だから、でしょうか。

認知の歪みは、気付いたときに直すのがセオリーですが。
……その歪みが、面接官に不快に思われてなければいいなとは。

面接の際に。
僕の多感さを、見抜かれてしまいましたから。

そう言ったときに傷付いたらどのような対処をするかを。
そう言えば、訊かれましたね。

具体的な数的尺度を用いて。
検討し、間主観的な数値を導く……とは、伝えましたが。

さてと。
どうにも、やることをやったあとのブログ記事は長くなってしゃーないや。

そろそろ、休もうと思います。
皆さんにとっても──あなたにとっても、明日以降も。

実りある1日で。
あらんことを。
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: