ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2019年02月06日

元ネタの話

次の瞬間、この生を終えることになろうとも。
なんて話をするのですが。

その際に。
どんなシチュエーションなのかと、思われそうなので。

次の瞬間に。
隕石が降ってきて僕が木っ端微塵に吹っ飛んでも、なんて言うのですが。

この例えには、元ネタがあります。
supercellの『Perfect Day』と言う曲なのですが。

もしも今 隕石が
降ってきてるとしても
私は気がつくこともできず
天国行きで まあいっか それもアリかな

……なんて、歌詞がありまして。
そこから、その例えができました。

まあいっか、と僕も思うので。
隕石なんて回避不能ですし。

ただ。
どうせ死ぬのなら、後悔なくすっぱり逝きたいと思ったので。

そんな、理不尽な死が訪れたとしても。
後悔することはしないよう生きることは、肝に銘ずるわけなのです。

死んでも死に切れないですから。
思い残したまま死ぬなんて。

ただでさえ、人の一生は短く。
思い残して死ぬ羽目に、なるわけですし。

諦めたら達成される、と言われそうですし。
それは間違いないのですが。

無理に諦めるよりも。
自然と諦められたほうが、後腐れもなくていいと思うのです。

ゆえに。
僕は、若いときの資源は後回しにせず活用することにしています。

何度でも言いたいのですが。
人の一生なんて、すぐに終着するのですから。

本日も、やり残したことがないかを思案し。
何もなく、できる限りのことをやったことを確認し──このまま、眠ります。

おやすみなさい。
本日の僕は死んでまた明日、生まれることを祈っています。
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: