ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2019年01月31日

観察者の本懐

外野の意見を。
ノイズと判断する人なので。

周囲の意見があったほうが。
決めやすい、と言う人の気持ちが。

イマイチ、理解できずにいます。
その人がどう思っているかだと、思うのです。

人を動かすには、その対象も同じ気持ちであるか。
力尽くで動かす際に、こちらが有利なときかと思うのですが。

力尽くで動かされると言うわけではなく。
楽なほうに動きたいから周囲の意見に合わせたい……と言うような。

そんな、消極的姿勢を採ることが好きなんだなぁなるほどね。
とまでは分かりかけて、そんなのは思考する人間のすることなのだろうかと。

認めない自分がいるからこそ。
理解できずに、いるんでしょうね。

そして、そう言った考え方の人が。
この国では割と多いことを体感する僕は。

もしかしたら、勝手に。
生きにくい世界を構築してしまっているのかも、しれないのですよね。

と、なれば。
僕も周囲に合わせて生きることに──するかよ←

僕はそんな生き方、御免なんです。
もう大多数が敵になってもいいから、この生き方を貫いてやります。

友人がそれで。
急に隣人になったと、しても。
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: