ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2019年01月30日

オーバーフローについての話

そう言えば、先週の水曜日。
その日の昼休み明け〜次の日の朝までの記憶がなくなると言うことがありまして。

体感では、どんな感じかと言いますと。
仕事を再開しようと思って椅子に座ったら次の瞬間、目覚ましのアラームが鳴ったような。

そんな感じなんですよね。
久々のこととは言え、何度も起こったことがあるので冷静に考えて。

仕事か家でなんかあったんだろうなぁ昨日。
なんて、思いつつ。

朝方、父親と出会しても何も起こらなかったので。
なんだ職場で何かあったんだなぁと分かりまして。

……警察沙汰になったとか、実は事故ってたとか。
そんなことがあったと仮定したときに、スーツやコートは綺麗ですしブーツも汚れていなかったので。

それは矛盾するなぁと思うと。
職場で何かあったとしか、思えなくてですね。

バスで職場に向かう最中。
ずっと、頭が痛いですし視界が霞んで仕方なかったので。

確信は、強くなるばかりでした。
防衛機制につきましては、僕の領域に近いですし。

そして職場に着いたら、すぐさま。
仕事を滞りなく昨日の自分がしていたかを確認しまして。

メールの送信履歴と。
ゴミ箱の中身を確認して、大体の原因がわかったので。

そのまま仕事をしていたら。
電話がかかってその用件が送付した内容物が届いたかの確認と中身の照会でして。

内容物を受け取った記憶がなかったので、と言うことは、件の日の午後にそれが届いたと言うことで。
しかも中身を僕が管理していないと言うことは上司に中身を手渡したと言うことなので。

結局、上司には隠さずに事情を説明してしまったのでした。
業務に支障を来すと、よくないですし←

そして、メールの送信履歴と。
相手からのメールの受信履歴がないことと。

送信した相手の名前を書いてズタズタに切り裂いていたメモを見つけていた僕は。
上司に昨日の午後に、僕であればした行動をしようとしてみせて──カマをかけたのでした。

上司が首を軽く左に傾げ、表情が引き締まるのを見て。
昨日の僕が、いつも通りの僕であることに安心したのですけども。

ですから、先回りして言っておきました。
あー昨日、同じことしてたんですねー……すみません……と、申し訳なさそうに表情を作って。

僕は、メールを送信した相手から。
メールで返されずに電話を寄越され、理不尽なことを言われたようです。

僕は、理不尽なことを言われて感情的になると。
発散しようとして、対象の名前を書いて紙を切り刻んで殺したことにするクセがあるので。

僕が電話を用いずにメールを用いたのは。
メールでは思考しつつ相手の求めに応じることができますし、面識もなく声も聞いたこともない人の声はノイズにしか聞こえないからなんですが。

あろうことか、メールにメールで返さず。
電話で返し且つ一方的に何か言ったらしい……そして上司が変わって対応したら落ち着いた、と。

落ち着いていなければ、未だにその対応に追われていたでしょうし。
憎悪と殺意で感情的になっている僕が、電話に対してすぐにリカバリをするなんて不可能なので。

そこまでは、分かりました。
どうやら僕の起こした記憶の喪失は、久々と言いつつ原因が似たり寄ったりではあるようです。

心因性健忘は、今年度になってからは少ないと言いつつも。
4〜6月はよく起こっていましたし、それ以来のことだったので……だいぶ、堪えてしまった記憶が。

もともと、未整理状態の記憶が2〜3日経つと勝手に長期記憶化されて忘れなくなってしまうタイプなので。
記憶が急になくなるのは、これはこれで不安になると言いますか。

しかも、どこかに寄せてなかったことにする、と言う程度の健忘なので。
ふとした瞬間に走馬燈化して全部思い出すこともあるんですよね。

つまり、脳の空きメモリについては。
一向に増えない、と言うことでして。

現職に就いてから、一生覚えるに足りないパーソナルデータばかり記憶してしまうので。
そろそろ一気になくなってしまえないだろうか、なんて思うのですが。

無理だろうなーって。
なんでこんな忘却知らずの脳味噌になってしまったのかと。

圧縮できればいいんだろうなぁと思いつつ。
それができるのは、きちんと精査できたモノなので。

そうなるとパーソナルデータについてはどうすればいいのかと。
数百人規模の人達と面接セッションでもすればいいんだろうかと……いやいや←

と言うことなので。
この職場も、潮時かもしれませんね←

んー……僕の趣味欄に。
転職、なんて書く日が来ないことを祈りますー……ぐぬぅ。
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: