ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2019年01月26日

眠りの話

眠ることが怖くなることがあります。
眠ったら、二度と目覚めないんじゃないかって思うから……じゃないです←

最悪死ぬだけだ、なんて思っている僕が。
二度と目覚めないことを思慮して眠るのが怖いなんて、嘘っぱちにも程がありますよ。

そうではなくて。
それで熟眠でもしようモノなら、次の日眠れないんじゃないか……と言う。

そう言う、意味なのです。
僕の症状、主に不眠が原因なので。

物事に無関心になったり。
投げやりになったり、ですね。

自暴自棄になったりですね。
あとは、やたら攻撃的になったり……え、いつもの僕だって?

全然、違いますよん。
僕はこれでも、温厚に対処できているほうですから。

思うだけで、実際にやったりはしませんし。
脳内でスプラッタなことをしても、実際にスプラッタなことはしないので。

こうして、更新できていると言いますか。
と言いましても獄中でメルマガを発行してたホリ◯モンなんてのもいましたし、あまり関係ないのでしょうけども。

入ったことないので、分からないのです。
幼稚園児のとき、警察署の中にあった留置場なら見たことありますけども←

……え、覚えていますよ。
余程悪いことをする人が入るんだなぁと思ったので、警察官のかたに2回も言いましたもん。

──てじょうをかけることをわすれないでください。
なんて。

忘却、しないんですよね。
いつまでも記憶、してしまうので。

……閑話休題。
眠らないと、たぶん我を忘れやすくなるんだと思います。

……忘れてるじゃねぇか、と言うツッコミはなしで←
面倒ですしおすし←

たぶん、情報処理が追いつかなくなるんでしょうね。
再生も硬化も間に合わなくなったグリ◯ドかよって話ですが。

グ◯ードって人造人間がいましてね。
身体の硬質化のできる言わば『最強の盾』なのですが。

あれは、肉体を損傷した際に。
その再生をするのですが、それと同時に硬化をすることができないのですよ。

そこを攻められ続けて、負けたことがあります。
『最強の眼』を持ったキ◯グ・ブラッド◯イと言うのに←

……なんて、ハガ◯ンネタを持ってきてみる。
何やってるんでしょう、僕。

なんて、冗談すら。
不眠を拗らせると出てこなくなるので、自らの伏線すらも回収できなくなると言う←

それもあって。
1〜2年度前の『ルーン使いの言の葉』を書いていた僕は、殆ど伏線の回収ができt……いや、これ以上言いますまい。

と、言うこともあり。
眠るのが怖くなるのでした。

本末転倒だと思いますし。
ジレンマもいいところなんですよね。

眠れないと、キレやすくなるのに。
眠れると、そうなってしまうだろう僕を想像して震えると言う。

会いたくて会いたくて震えたりは、していない筈なんですが。
んー……まぁいいや。

僕自身の影に怯えずに生きるようになるために。
もう暫し、向き合う必要がありそうですね。

たぶん僕は、僕自身のことが。
いちばん、怖いのでしょうから。


posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: