ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2019年01月16日

軽く脱線をば

当日になってやることを決めると言うのが。
どうにも肌に合わないなぁと感じます。

もともと、即興で何かを行うことが苦手であって。
前以って保有するモノからアレンジしたり、そのまま引っ張ってきたりをするモノですから。

即興でやれと、言われると。
ストックがあればあるほど、判断が鈍るのですよ。

全て重要だからこそ、保存してきたわけで。
そのどれが適切かで候補を絞ってみても、ひとつの行動に移すには多すぎるほどの適切な候補が出てくるのです。

経験を積めば積むほど。
保有しているモノを大切にしていればいるほど──このジレンマに、苦しむことになるのかと。

ある人は、忘れることを推奨します。
僕自身はそれに反対しないのですが、賛成もできないのです。

なぜなら。
僕自身が、忘れることのできない性質だからです。

無理のあることをするのも、それまた。
リソースの無駄ゆえ。

じゃあ、どうするか。
僕は、こう考えます。

保有するストックを、増やすしかないと。
ただそれは、単にインプット量を増やすと言う意味ではありません。

アウトプットするための方法を増やすこと。
強いて言えば、それを統括する方法論を構築するしかないと考えるのです。

情報の再整理と言いましょうか。
図書館で言うと、インデックス化、でしょうか。

そうすれば、整理された分。
探しやすくなりますし、探すときにも予め場合分けしているわけですから。

何か、情報の重複があったとしても。
アウトプット対象に応じて、情報の際に依って最適なモノを取り出せるようになるわけで。

そのための方略として。
普段の読書や勉強、あとは日常的な友達との会話を採用していると言うわけです。

……え、結局、学ぶしかないのかって?
えぇ、生きているなら当然にそうだと思いますよ。

少なくとも、僕はそのつもりです。
僕はこの生き方を苦痛に思ったことがないですし。

と、言うわけで。
より人生を、面白く認識するために。

もっともっと、研鑽に励むとしましょう。
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: