ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2019年01月10日

-C≡N

リーダビリティと言うのは。
いちおう、意識しています。

1日のうちで、いちばんそれを発揮できる時間帯や。
どのような衣食住で過ごせば、最大限にそこへ投資できるかとか。

最近、『ルーン使いの言の葉』にて。
立ち上げた目的を書くことが多くなりましたが。

それは、主に。
初心忘るべからず、と言った意味合いでもありまして。

実は、文章力を落としたくないと思っているのです。
そして、向上させたいとも。

あわよくば、文筆業で生計を立てたいと。
思っているモノですから。

文章を書かなければ。
全く運動していない人が肥満体質になるのと同様に。

僕も、文章が全く書けない人になってしまう気がして。
もし書けるまでに戻せるとしても、リハビリ期間が相当長くなるだろうと。

それもあって。
『ルーン使いの言の葉』を書き始めた、と言うのもあるのですよ。

……目的が混在してる?
もともとそうなので、仕方ないと言いますか。

営利目的でこのブログを立ち上げたわけではないので。
1本に絞らなくてもいいよなぁと、思いまして。

……え、バナー?
それは僕が迷走したときにくっつけたモノで……えぇ、僕の歴史として残していますが←

さて、と。
そんなわけで、リーダビリティの話。

いちおう、朝……とまで言わずとも、起きたとき。
文章を書こうとしたら自己嫌悪で首を吊りかねないほど書けないので、書きません←

まず、歯を磨いて。
綺麗な水を、グラス一杯。

それから、すぐに食事にせずに。
読書をしたり、勉強したりします。

このとき、頭を働かせるためにそれらをするので。
真新しいことをして思考がジャムしそうであれば、別のことをします。

その点、前者である読書は万能だと思っています。
少なくとも僕、本を読むときに挫折する確率が非常に低いですから。

それで、文字通り『朝飯前』にそれを済ませたら。
やっと、食事です。

このとき、あまり炭水化物を摂らずに。
タンパク質と野菜中心の献立にします。

身体が温まりにくいときは。
スープを作ったり、ホットミルクを作ります。

そして、ヨーグルトは必ず摂ります。
1日の能率が、全く異なりますから。

そして、平日なら出勤し。
休日なら読書を開始するのですが……今回は、休日に焦点を当てます。

読書するときは、相変わらず。
読みたいと思ったモノを、読みます。

何にしようか迷うときには。
その末に取って読んでもモノにならないので、数学を解いたり、筋トレをしたのちにフルーツを食べたりします。

場合によっては、アニメを見たり。
スタディーサプリを受講したり、でしょうか。

なるだけ、ストレスのかからない状態を演出して。
それを繰り返しているうちに……目が、痛くなってくるので。

そのときに、コーヒーをドリップします。
一気に、2〜3杯摂取して。

いきなりカフェインを摂取すると、急に眠気や倦怠感に支配されると言う知見もあるようですが。
僕にはこれが、合っているので。

以前、カフェインが体外に排出される頃に補給するなんてオーソドックスな摂り方を試したら。
眠気がそのままに、眼精疲労がひどくなってしまったときがありまして←

たぶん、眼圧が高くなりすぎたんだと思うのです。
ガツンとカフェインを摂取してしまったほうが、僕の体質には合っているんだなぁと思った瞬間でした。

持久力が低いんだと思います。
そして一時的に強いショックには耐久できるようなんですよ。

と、言うので。
カフェインが体内を回ったら……こちらのモノです。

すぐさま、文章をしたため始めます。
そのとき、外が薄ぼんやりと暗ければ最高です。

そのときの僕の文章は。
きちんと、リーダビリティーが備わっているのです。

それ以外の時間帯や。
最大限に発揮できる生活をしていないときには、どこか欠けてしまっているのです。

説得力に欠けてしまったり。
文章が抽象的すぎて意味不明になっていたり。

やっつけ仕事のような、三文文士が書いたような文章になっていたり。
読み手を意識した文章が、まるで書けないんですよね。

書いているときも、その自覚があって。
文章が纏まらなかったりで、かなりヤキモキした気持ちで書いてしまうので。

それも、きっと。
皆さんには──あなたには、気付かれているんだろうなと思うのです。

ゆえに、そんなやっつけ仕事をしないためにも。
きちんと、日々を大切に生きないとなと。

思うのでした。
……大切に生きるって大事ですよやっぱり、色々と雑になるので。

と、言うわけで。
ある朝、僕は思うのでした。

リーダビリティー、意識しないとと。
やっと思い出せた、スッキリ←
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: