ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2019年01月04日

異色

蜜柑の皮を剥くと/……アルベド。
じゃなくて。

蜜柑を剥いて、中身をもしゃもしゃ食べていると。
皮がもったいないなと、思うことがありまして。

オレンジピールもあるし。
陳皮も存在するのだからと。

蜜柑が脱皮した後を。
パリパリと、軽めに咀嚼することがあります。

ほどよい苦味と酸味が。
舌にジワリと広がって、痺れるそれは。

フレッシュな、山椒。
みたいだなぁと思って。

やめられないのですが。
香辛料か漢方薬みたいな位置付けにいちおう僕はしているので。

むしゃむしゃと、馬鹿喰いすることだけは。
避けている、次第です。

舌が痺れると言うのは。
ミカン科独特の刺激だと思うのですが。

過ぎたるは及ばざるが如しとも言いますし。
食べ過ぎはよくないよなぁと、思いまして。

なんか効能があればいいなぁとは思っています。
陳皮の1/10くらいは、と←

たまに僕は。
普段、人が食べないモノを急に食べ始めることがありますが。

異食症に入らない程度のモノしか手を付けないので。
どうか、ご理解くださいませ……なんて。

ただ、異食と正食の境界って曖昧ですよね。
食塩だって、食事としてバリボリ食べ始めたら異食症に該当しますし。

ひと昔前まで規制されていなかったような。
コンフリーやスギヒラタケを食べたらきっとそれは、異食症に該当するのでしょうし。

……まぁ、極端でしょうか。
アレルギー反応の如何によっては、コンフリーとスギヒラタケは死に至りますし。

なんて。
まぁ……うん。

漢方薬にも毒物ないし劇物を普通に取り扱ってたりしてトリカブトを癲癇の薬として用いたりしてますしなんだかんだで陳皮が毒物ないし劇物として規制されたところでなんの文句も言えないし寧ろそれで死ななかったら規制するように命令した行政に感謝感激雨霰でも降り注がせるべきなんでしょうか奇声を上げて寄生する下賤の民にはそれが自主規制、終了←
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: