ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2018年12月16日

ステップを踏みながら

もうすぐ、今年読んだ読了冊数が。
800冊に、届こうとしているのですが。

あまり意識せずに、年越しをしたいので。
800冊越えようが越えまいがどっちでもいいや、なんて思っています。

それに拘ると、なんだか。
除夜の鐘が鳴ったときに、色々と灼かれてしまう気がしますから。

煩悩即菩提
生死即涅槃

なんて。
大学の恩人に開口一番言われたときは、軽く面食らいましたけども。

今は、だいぶ分かるようになりましたよ。
あのかた今、何してるんだろうか……と、思いつつ。

それにしても。
あと15日と4時間ほどで、来年を迎えるわけですが。

特に後悔もせず、歳を越せそうな気がします。
毎年、やるべきことを消化できずに次の年を迎えている僕ではあるのですが←

思うに、そんなのは生きていると当然あるモノだと思ってきたので。
持ち越すことに何の苦痛も感じなくなっている自分がいます。

やればいいんだし、と言う感じですね。
やるべきことはただ、やればいいので。

それでやらなくなるから。
前進できないだけなんですよね。

ゆえに。
持ち越したとしても、それを苦痛に思うのは無駄だし今後に響くだけ負債だよなぁと思ったのです。

その状態で、次の年は。
アップグレードした状態で臨みたいなぁと、思うのでした。

それに、800冊越えることに拘ったらそれだけになる、と言いますか。
楽しむことを忘れて際限なく読もうとしちゃうと思うので……意味ないなぁって。

ですから。
今年の残りにやろうと思うことは、既に決まっています。

楽しんでいくとします。
何かあったら、そのときに考えます。

悔いのない2018年を。
さて、締め括っていくとしましょうか。
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: