ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2018年12月02日

ぶきっちょな話

僕にフォトグラフィックメモリなんて存在しないのですが。
コンディションがよいと、それに似たことができるようです。

過去にいた場所まで戻り。
その場所の景色や音声を再生する、と言うようなことが。

できると言うことを最近、知りました。
そもそも僕、記憶力が悪いので←

と言いますか記憶力がポンコツなので、数秒前のことは思い出せませんし。
なのになぜか2〜3日経つと勝手に色々と思い出して、長期記憶に移行して忘れなくなると言う。

自分でもよく分からない記憶の保持の仕方をしていて。
それでいてワーキングメモリが貧困なので、頭がパンクしそうになるのですが←

もうちょっと器用にできててほしかったなと。
思わずに、いられないのですよー……ふぅ。

で、なんの話かと言いますと。
先日、たまたまコンディションがよかったからか。

2ヶ月前に開かれた仕事関係の懇親会の席順を。
思い出したほうが能率よくできる資料を作成する機会ができて。

目を瞑って思い出そうとしたら。
自分が過去のその場所に座っていて、周囲をよく見渡していたのです。

目の前に、釜飯があって。
右側に、冷めた豚串があったのですが←

そのとき、周囲がうるさくてしゃーなくて。
たまに店員さんが通路に入ってキョロキョロ見渡していて。

と言う、カオスな状況で。
僕も座席順を確認したかったので、そのまま周囲をそこで見渡して。

と、したところで。
目を開けて、資料を作成し始めたのですが。

それを上司に提出したら、驚かれました。
よく覚えてるね、と。

僕でも、吃驚だったので。
たまたまですよ、とは申し伝えたのですが。

こう言うのが、しょっちゅうできるといいのにな。
なんて思う僕は、贅沢すぎるのでしょうか。

このように、よく眠れた次の日は。
僕の脳味噌は、超人もどきなことを僕に経験させてくれるわけですが。

この難点は、偏に。
よく眠れた次の日は不眠気味になると言うことでして。

それについては……もう、言いたいことはひとつだけ。
もうちょっと器用に僕を設計しやがれコンチクショー!!←←←
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: