ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2018年10月27日

う、うまれる……

本日、かなりの難産になりそうだなと思いつつ。
更新をします、ハイ←

某囀りサイトで、かなり弱気なことを。
ピーチクパーチク、言っておりましたが。

殆ど、本音です。
行政法を面白く伝える能力が。

僕には著しく。
欠けているなぁと、思うのですから。

と、言いつつ。
一度でも撒いた種くらいは、回収しなくてはと。

これは、かなり意地ですが。
書き切ろうと、思いますので。

いつも以上に、拙いブログ記事が続くと思いますが。
何とぞ、ご了承いただけると幸いです。

……さて、と。
大まかにお伝えした行政法を構成する3つの法ですが。

……え、覚えてない?
それは昨日の僕の伝達能力がポンコツなだけなので、あまり気にしないでいただけると幸いです、えぇ()

少し、お浚いしましょうか。
行政組織法、行政救済法、行政作用法です。

それぞれの特性は。
行政主体についての定義を記したモノ、行政主体がやらかしたと思ったときの国民が行う求償等を記したモノ、行政相手ないし国民に何か公定力のあることをしたいときのモノ……みたいな。

今回は、その中でも。
行政組織法について、お話しようかなと。

この中には、国についての定義をする法律だったり。
地方公共団体についての定義をする法律だったり、独立行政法人についての定義をする法律だったりが、あるのですが。

お役所仕事に関わる人達が存在する組織についての法律は。
だいたい、ここに入ります。

じゃあ、行政書士の試験問題に出たことのある問題は。
どんなモノかと、言いますと………………はぁ。

本当はこの話をするのが本旨だったのに。
やっと話を戻せましたよ……もうこのネタを強制終了するしかないと思いましたが……セーフですかね、えぇ←

……ごめんなさい、なんの構想も練らずに。
専門的な分野に手を出した僕のせいです、次から気を付けます……ぐぬぅ←

さてと。
出たことのある行政組織法だと。

内閣法は、割と出ますね。
日本国憲法に明記されてはいないけども、内閣法では明記されているモノを区別できているか否かが狙われたりするのです。

Q.立法に関する次の記述のうち、必ずしも憲法上明文では規定されていないものはどれか?
A.内閣は、法律案を作成し、国会に提出して、その審議を受け議決を経なければならない。

上記のが、正解なのですが。
これは、平成28年度の5問目で出ました。

この問題に直面したとき、5択ある選択肢を熟読したら。
前文も103条も全て目を通し、試験勉強中に20回以上目を通している僕でも。

自信がなくなってくるのです。
みんな載っている気になってくるんですよね。

恐らく、憲法の分野しか勉強していない人にとっては。
この問題は、即答レベルだと思うのです。

憲法に明記されていないモノを、選ぶわけですから。
載ってない気がする、程度の知識でも正解できる筈の問題なのですが。

学習が進んで、行政法やら民法やら会社法やらに手を出して。
整理し切れていない人が解くと、僕みたいな迷い方をするんじゃないだろうかと。

どれも憲法に明記されている気がしてくる、みたいな。
しかも、何度も読み返せば読み返すほど、そうとしか思えなくなってくると言う……えぇ、そうなんです。

行政書士の問題って、そんな問題ばかり出てきます。
ジャバウォックの森かよ、なんて本気で思いますよ←言及2回目

そんなわけですから。
ノー勉だったり、中途半端な勉強しかしていない人は落ちると←

僕は、そうならないことを祈りますが。
未だに解いているうちに自分の名前が消えていく感覚に陥るモノですかr……えっと、そろそろジャバウォックの森ネタをやめましょうか?←

……え、他の問題ですか?
一般知識の問題で、こんなのが出ました。

平成25年度の52問目。
『肥大化した行政をスリム化することを目的として、政府の多くの機関・業務が、独立行政法人に移行したが、次のア〜オのうち、独立行政法人通則法による独立行政法人にあたるものはいくつあるか。』

ア JR東日本
イ 日本郵政
ウ 造幣局
エ 国立古文書館
オ 日本銀行

……と言うモノで。
これに出会したとき、盛大にツッコミたくなったのですが。

法令の分野じゃなくて一般知識の分野で出たかこれ!!
……なんて。

普通に法令絡むやんけ、と。
これは常識の範囲なんだろうか……なんて、思いつつ。

JR東日本と日本郵政は民営化されたし。
日本銀行がスリム化されたにしては某総裁と某総理はアベノなんちゃらをやりたい放題だったな(失礼)と思ったので。

消去法で、造幣局と国立古文書館を選んで正解しましたが。
……思えば、法律の条文を思い浮かべなくても答えられるので。

法令のほうではなく。
一般知識の問題として出題されたんだろう、とは思うのですが。

もう、独立行政法人と言えば。
僕のような行政法オンチには、行政組織法の問題としか思えないモノですから←

なんて。
行政組織法では、行政主体の組織を定義しますが。

僕が、そうしたモノを定義し、体系立てていないからこそ。
混乱した記事しか書けないのだろう、と考えると。

まだまだだなぁと、思うわけですが。
まだ、試験まで15日ありますし。

それなりに、勉強を続けてきたのもあって。
ある程度の問題は、解けますし。

知見もそれなりに得たので。
それをもとに、もう少し。

合格率を高くするための勉強を。
続けていこうと、思っています。

そのために。
もうちょっと、行政法の話をしなくてh……嫌な顔しないでください、僕も嫌なんですから()

取り敢えず、次は。
行政救済法の話と、過去問の話をしましょうか←
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 黒事実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: