ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2018年10月19日

思い出しながら書いてみます

僕、記憶に特性がありまして。
取捨選択ができないのです。

これは記憶したいな、と言うモノは記憶できず。
忘却したいな、と言うモノも忘却できず。

なのに。
いつの間にか記憶したモノは忘れず、ずっと覚え続けると言う。

ですから僕は。
自らのことを、記憶力のいい人間だなんて思わないのです。

何が言いたいかと言いますと。
本日、なんの話をするべきか忘れてしまったと言う話でして←

正確には。
つい3分ほど前には覚えていたのですが、急に喪失してしまったと言う。

あぁ、どうしましょどうしましょ。
こう言うとき、是が非でも別タブを開いてカンニングしたくない自分がいて。

……試験問題を解くときは一問一問、答えを確認する癖にって?
な、ななななぜそれを!

……別にいいじゃん。
回答してから確認するんだから、ふんっ

……おとといは。
遺言はルールを守らないとダメって話をしましたっけ。

昨日は。
んー……あ、思い出しました。

本日は、秘密証書の話でしたね。
そして遺言の話はこれで最後、と。

思えばそれ、口が滑った気がしますよ。
だって証書の書き方の話は終わりですが遺言の条文はこれから随分と存ざげふんげふんっ

と、言うわけで。
秘密証書、とは。

単純に遺言者が。
自作した証書を封して誰も見ていない状態にする遺言のことなんですよね。

遺言者は、証書に書面して押印しまして。
封をして、証書に押印したモノで封印をして。

公証人が1人と証人2人以上に封書を提出して、自分の遺言書だと言うことを書いて自筆で署名して判を押して。
最後に公証人が受け取った日付と遺言者の言ったことを封書に書いて、遺言者と証人も署名して、押印して終わりっと。

秘密証書は、なんだか。
さっくり終わるなぁって、思うのですよ。

自筆証書と公正証書は。
もっと面倒な、感じがしたのですが。

しかも、秘密証書。
作成した人が封した人だと言う原則があるからか、ワープロで作成した文書でも成立してしまうのです。

これは本当に。
手書きが苦手な遺言者にとっては救いだろうなぁと、思うのでした。

……あぁ、そうそう。
この秘密証書、そう言ったところでかなり手続きの仕方が風変わりなので。

行政書士試験でも、平成29年度に狙われました。
そして僕は、初見のときにまんまと引っかかったのでした←

他の選択肢で間違ってそうなモノが見当たらないので。
専ら遺書なんて自筆じゃないとダメだろう、なんて学識の浅い知ったか振りを披露してコケたのですが。

こう言うとき、なかなかショックなモノなのです。
そして同時に、慢心したらあっと言う間に不合格だなとも思うのでした。

万全の状態で、試験を受けに行かなくては。
試験日まで、あと23日。
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: