ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2018年10月13日

大変な話

以前、僕がポケット六法を読んでいるときに。
会社法なんて滅べばいいや、くらいに思っていました←

だって、読みにくいんですもん。
実感も湧きにくかったですし、おすし←

ただ、唯一読んでて。
ネーミングが面白くて驚いた用語があったのです。

えぇ、その名も。
『変態設立事項』と、言いまして。

これ、別名は『危険な約束』と言うらしく。
どんなR指定のかかるようなプレイを……と、一瞬妄想しかけるくらいに変な名前で。

なぜか、それから会社法との距離感が縮まったんですよね。
いや、僕が変態と言うわけではなく。

まぁ、変態設立事項とは。
相対的記載事項とも言って、絶対的なことに関することではないことってことでして。

つまりは。
いつものこととは異なったことについての事項って、意味なんですよね。

だから、『変わったジョウ態』と言う。
それで、変態と。

昆虫の孵化や羽化のことではないですよ。
それは何かイノベーションのようでカッコいいですが……え、それはそれで変態じみた発想ですって?

あはは、それくらいは許してほしいですよ。
僕だって少しは変態したいですから……誤解しない読者さんだけだと思いたい、えぇ()
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: