ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2018年10月01日

7日前の回想

Welcome to October!
でもなんで、Octoなんでしょうか。

10月なのに、ねぇ。
なんで8月じゃないんでしょう。

7月と8月に。
なんでJulyとAugustなのか。

こいつらはちょいと。
強大な存在だったんだろうなぁと。

だから、あとの月がみんな。
2つずつ、ズレたんだろうな、と。

思ったことが当たっていたときの快感は。
未だに、忘れられないわけですが。

これが分かったのは、18の頃でしたし。
少し遅かったなぁ、中学1年生のときに知っておきたかったなぁと。

そう、思うのでした。
えぇ、なぜOctoなのに8じゃないのかと言う話は解説する気が今はありません、うん←

いや、ただただ。
丸暗記を強いられて覚えさせられてテストが終わったら綺麗さっぱり忘れられるようなモノが。

人のやるべきことなんだろうか、と思うと。
なんだか、虚しくなると言いますか。

日本教育の行く末を、考えてしまうわけです。
そんな彼らがホワイトカラーになったら、ブルーカラーを見下すのも仕方ないと言いますか。

しかも、その見下し方が。
お前らはきちんとした教育を受けていないからなぁ、と言ったマウンティングに基づく優越感と言うのは。

馬鹿馬鹿しい、と思うわけです。
ブルーカラー見下しすぎですよね……Mさん←

なんて、急に。
それに言及したかたを登場させてみる。

ですが、本当にそうだと思いますよ。
僕はあのとき、川に例えましたが。

オートマがマニュアルを馬鹿にするよう、と言ってもいいかもしれません。
どちらも必要ですし、完全なオートマもマニュアルも必要に決まっています。

それぞれでできることをやればいいんじゃないだろうかと。
世の中金だとか言う癖に、リカード方式を見て見ぬフリをするなんてホワイトカラーなんて滅べばいい……と。

言っていいような。
言ってはならないような。

さて、と。
僕はどちらに、なりたいのでしょうか。

ブルーカラーか。
ホワイトカラーか。

僕はその間に、立ちたいモノです。
触媒でいられるのであれば、それでいいのです。

仲介ができればいい、と言いますか。
どちらにもなれるような真ん中のスタンスでいられればよい、と。

思うのですが。
それができるかできないかは、僕次第なわけでして。

今月も、無駄にできない日々が続きます。
さてさて、やるべきことをやりますか。
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: