ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2018年09月14日

怒り蒔く人

やり場のない怒りに苛まれそうなときは。
何かに書き起こす、と言うやり方がありますが。

別に、情報発信してもいい気がします。
同意が得られるかもしれませんし……反感を買うことも、あるでしょうが。

それで離れる人は、そのうち。
こちらの地雷を踏んでご逝去されるかただと考えると。

別に、情報発信することは。
悪いことではないのかなと。

ただし、それは。
こちらの味方をしてくれる人や、友達、好感を抱いてくれる人を巻き込む行為なので。

怒りを発信することで何か影響を及ぼすことは必至であり。
それについて何が何でも責任を取る、と言うことが条件でしょうが。

それに同意し、発信した結果。
周囲、ないし自らが変わるないし進むことは間違いないわけなので。

話はそれからだ、と言う気が。
しなくもないのは、僕だけではないんだと思います。

怒りを発信することで不快になる人がいたとしても。
そう言った影響等に対して責任を取ることに同意した人ならば、何とかしようとするでしょう。

寧ろ、自ら蒔いた種をどのように成長させ、収穫するかに。
個々人の成長がかかっている気が、するのですよ。

怒りはもしかしたら。
悪いことだけでは、ないのかもしれないなと。

僕は、ここ最近。
やっと、理解できるようになってきたので。

少しだけ、ホッとしてきています。
まだまだ問題だらけですが、一歩前進できた気がします。

押し込める必要は、ないと思います。
責任を取るなら、発信してもいいと思いますよ。

そのとき、言葉を選ぶでしょう。
発信する場所を、考えるでしょう。

それが、大事だと思うのです。
人間として、生きるために。
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: