ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2018年08月31日

黒雲母が剥がれるような

希望することと、現実で考えていること。
それが乖離しすぎることが多くあります。

僕は僕自身である、と。
僕は僕のままだ、と。

そう、僕は希望するわけです。
そのほうが、楽しめますし。

ただ、昨日のブログ記事のようなことを。
少し過っては、考えるのです。

どうにも、希望することと。
現実で考えることが、乖離しすぎだなと。

よく言えば、浮世離れ。
悪く言えば、現実離れ。

さて、と。
我々はどこから来たのか、我々は何者か、我々はどこへ行くのか。
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: