ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2018年08月23日

脇道にそれる前に

数学に取り組むことのメリットとデメリットを挙げたことが。
以前、『ルーン使いの言の葉』にしたためた気がしますね。

メリットは、スッキリのでインプットが捗るようになること。
デメリットは、他のアウトプットがスッカスカになること←

主に、後者のリスクが非常に大きいので。
有事の際の薬程度にしか数学の問題を解かなくなってしまったわけですが。

こんなときに。
行政書士試験に向き合わなければならないときに。

数学に燃えると言うのは。
んー……なんでしょうか。

獲得的セルフハンディキャップですかこれは。
テスト直前に大掃除を始める高校生ですか僕は。

だからと言ってなー
数学をやらずにいると精神的にキツいですし、拗れそうなんですよねぇ……じゃあ。

行政書士の問題を2単元解くごとに。
数学の問題を5問解いていいことにしましょうかね。

……多いかな。
じゃあ、京大の過去問は除外しましょう……え、他の大学の過去問も?

えー、そうすると。
チャートも解きにくくなりますね、困ったなぁ。

じゃあ、ネットでググった問題で。
ちょうどいい問題集をネットで見つけたので、お気に入りに登録しているんですよね。

そう、しましょう。
そのように、するとしましょう。

と、言うわけで。
勉強、頑張ろうっと。
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: