ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2018年08月17日

禁断、酩酊、治癒

明日は図書館へ行こうと思います。
先週の入り浸っていたときの快感が忘れられないので←

やるべきことに集中できますし。
何より自分の世界にどっぷり、浸かれますし。

なんて言うと。
大抵のかたから、同意を得られるのですが。

たまに、思うのです。
後者について、なぜ同意を得られるのだろうと。

自分の世界にどっぷり、浸かるのです。
本の世界にどっぷり、浸かるわけではありません。

相手の頭の中で、変換されてしまっているのかもしれませんね。
僕は実際のところ、本の世界に浸かっているわけではないのです。

ただ、本の世界を通じて。
自らの世界を内省し、修復し、再構築している……と、言うことなのですよ。

なぜなら、本の世界と言うのは。
あくまで、自らを通して得られたイデアのようなモノであるから。

……なんて。
僕はそう思うのですが。

果たして、他のかたが。
『本の世界=自分の世界』としてしまっているのか、否か。

もし、前者であれば……誤解のモトなので言葉通りに受け取ってほしいですし。
後者であれば……僕の自惚れに他ならないので、僕が誤解したことを全力で謝りたいですね。

そんなことを、思うのでした。
さてと……あぁ、明日は有斐閣Sシリーズの民法に於ける最終巻を〜通読しようっと。
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: