ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2018年08月08日

楽しみにしている話

長い休みを取ると。
少し、楽しみなことがありまして。

それは……顎髭を抜くことです。
……もう一度言います、顎髭を、抜くこと、です←

ふざけてはないですよ。
えぇ、マジです。

僕にとって、顎髭って邪魔なモノなので。
延びてくると、抜きたくなってくるのです。

それを平日にやるのは、非常に難しいのです。
エチケットのために、剃ってしまうので。

ですから。
延び切った顎髭を抜くのは、僕にとって非常に楽しみなことなのです。

スッキリ、しますから。
堪らなく、好きですよ。

……痛くないのか?
いえ、全く。

なぜか、痛くないんですよ。
他の部位の場合は、痛いのですが。

顎、意外と神経が少ないんじゃ……んー
昔々、幼い母親が顎を骨が見えるほど擦りむいた過去があるらしいのですが。

それで、でしょうか。
母親の顎が僕の顎と神経系の連関があるかと言われれば全く以て非科学的ではあるのですが←

クワガタの幼虫が顎を破損した状態で成虫になると。
破損した側が短くなるのは、知っているのですけども。

それは、同個体ですから。
母と僕のような異個体が同じくなるなんてことは……う、頭が←

とにかく。
顎髭を抜くときが、楽しみです。

……。
…………………………なんだこの記事?
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: